梅原猛著作集10 法然の哀しみ

梅原猛著作集10 法然の哀しみ
定価
本体4300円+税
発売日
判型/頁
4-6/726
ISBN
4096771104
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
法然の心に秘められた謎を探り、平等思想の原点に迫る書き下ろしの作品
浄土宗の祖法然は知恵第一、一生不犯の聖人といわれるが、彼が救おうとした人々は、学もなく戒も守れない庶民、悪を犯さずには生きられない凡夫、仏教によって救われがたい女人たちであった。法然はなぜ専修念仏という新しい仏教を立て、末法の世に信仰の光をあてようとしたのか。法然には、人生の深い哀しみが隠されていたからである。少年時代に負った心の疵とは何か。法然の心に秘められた謎を探り、その思想と人間像に迫る。  構想十年、知の巨人梅原猛がついに完成させた書き下ろし千三百枚の二十世紀最後の記念作品。  今、人間法然の平等思想の原点とその現代的意義が明らかになり、これからの生き方が示唆される。
〈 電子版情報 〉
梅原猛著作集10 法然の哀しみ
Jp-e : 096771100000d0000000
浄土宗の祖法然は知恵第一、一生不犯の聖人といわれるが、彼が救おうとした人々は、学もなく戒も守れない庶民、悪を犯さずには生きられない凡夫、仏教によって救われがたい女人たちであった。法然はなぜ専修念仏という新しい仏教を立て、末法の世に信仰の光をあてようとしたのか。法然には、人生の深い哀しみが隠されていたからである。少年時代に負った心の疵とは何か。法然の心に秘められた謎を探り、その思想と人間像に迫る。人間法然の平等思想の原点とその現代的意義が明らかになり、これからの生き方が示唆される。

あなたにオススメ!

  • 法然の哀しみ(上)(小学館文…
  • 法然の哀しみ(下)(小学館文…
  • 新編 日本古典文学全集50・…
  • 昭和文学全集 第9巻
  • 昭和文学全集 第24巻
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ