梅原猛著作集2 聖徳太子 下

梅原猛著作集2 聖徳太子 下
定価
本体5300円+税
発売日
判型/頁
4-6/836
ISBN
4096771023
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
革新政治家、隋の煬帝の衰退・滅亡と軌を一にするかのように、文化国家・日本の建設を進めていた聖徳太子は孤立し、著作に熱中する。本巻では、理想高き政治家・太子の孤独と悲劇のドラマを余すところなく描く。
〈 電子版情報 〉
梅原猛著作集2 聖徳太子(下)
Jp-e : 096771020000d0000000
東アジアの動乱の中で、外交に、内政に、聖徳太子は的確に対応していく。そして、やがて訪れる太子の死と、あとに残された一族の悲劇的な最期。未だに解明されない、その謎。聖徳太子の実像を求めて、著者は、莫大な資料と、ユニークな想像力を十分に駆使して、徹底的に追究していく。聖徳太子を明らかにすることは、古代の、そして現代の日本を明らかにすることと確信して。

あなたにオススメ!

  • 新版 聖徳太子 下
  • 逆説の日本史2 古代怨霊編
  • 新史論/書き替えられた古代史…
  • 昭和文学全集 第28巻
  • 新版 聖徳太子 上
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ