梅原猛著作集3 海人と天皇(上)

梅原猛著作集3 海人と天皇(上)
定価
本体3800円+税
発売日
判型/頁
4-6/486
ISBN
4096771031
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
日本の天皇制を方向づけた古代象徴天皇制の本質を考える。
日本を創った聖徳太子の理想は、わが国を律令国家にすることであったが、それを完成させたのは藤原不比等である。推古帝から孝謙帝にいたるまで、八代六人の女帝を輩出したが、この女帝の時代に、不比等は着々と天皇を象徴的権威者に封じ込め、太政官、すなわち藤原氏に権力を集中させるという律令を整えていった。この遠大な不比等の野望を明らかにするとともに、その後の日本の天皇制を方向づけた古代象徴天皇制の本質を考える。
〈 電子版情報 〉
梅原猛著作集3 海人と天皇(上)
Jp-e : 096771030000d0000000
日本を創った聖徳太子の理想は、わが国を律令国家にすることであったが、それを完成させたのは藤原不比等である。推古帝から孝謙帝にいたるまで、八代6人の女帝を輩出したが、この女帝の時代に、不比等は着々と天皇を象徴的権威者に封じ込め、太政官、すなわち藤原氏に権力を集中させるという律令を整えていった。この遠大な不比等の野望を明らかにするとともに、その後の日本の天皇制を方向づけた古代象徴天皇制の本質を考える。

あなたにオススメ!

  • 逆説の日本史2 古代怨霊編
  • 新編 日本古典文学全集4・日…
  • 新編 日本古典文学全集35・…
  • 昭和文学全集 第9巻
  • 新史論/書き替えられた古代史…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ