梅原猛著作集20 小説集

中世小説集 もののかたり ギルガメシュ

梅原猛著作集20 小説集
定価
本体4,800円+税
発売日
判型/頁
4-6/796
ISBN
4096771201
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
人間の欲望と残酷をユーモラスに描く「中世小説集」など創作三作品収録。
中世の説話を題材に、おおらかな人間の欲望と残酷をユーモラスに描く「中世小説集」。われわれの祖先の魂がみたであろう「ものがたり」に共感して再生された恐ろしくも哀れな世界を語る「もののかたり」。不死を求めて天界や神々の世界をかけ巡る、文明発祥の地シュメールの王ギルガメシュ。彼の死霊も恐れぬ権力欲、愛欲とその滑稽さを描くなかで、森の神を殺して成立した文明そのものの矛盾を語る「ギルガメシュ」。三編を収録。

あなたにオススメ!

  • 昭和文学全集 第4巻
  • 新編 日本古典文学全集36・…
  • 新編 日本古典文学全集35・…
  • 日本の古典をよむ(12) 今…
  • 新編 日本古典文学全集50・…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ