日本美術全集 11 信仰と美術

日本美術全集 11 信仰と美術
ためし読み
定価
本体15000円+税
発売日
判型/頁
B4判/252
ISBN
9784096011119
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
日本人の心の歴史と美の「かたち」
日本の歴史において、美術・造形と一貫して関係してきた人間的営みのひとつが信仰である。
かたちそのものが信仰と一体であった古代。やがて大陸から仏教が伝えられると、その組織的な教義のもと、活動拠点となる伽藍、礼拝対象となる仏像仏画、テキストとなる写経など、多様な宗教美術が育まれる。一方、在来の神祇信仰も、これに刺激されて造像に足を踏み入れる。神仏習合の動きが美術の上にも反映され、個性的な造形を生み出される。
そして人間的活動のあらゆる局面が、神仏を中心とした信仰に裏打ちされた時代となった中世。夢、奇瑞、浄土、異界、多数尊などのキーワードによって特徴づけられる魅惑的な造形世界が誕生する。
近世になると、人々の心の中での信仰のありようが変質する。神仏の住む「向こう側の世界」の実在感が減衰し、現世への関心が高まる。しかし信仰世界は消滅するのではなく、拡散するとともに楽しむ傾向を示す。同時に、既存の権威のもとではなく、在野から新たな信仰の復権の動きも起こり、近世独特の宗教的造形も生み出される。
本巻は、信仰がもたらした豊かな造形の動きを、時代ごとの巻では扱えなかった通史的視点から概観する。

あなたにオススメ!

  • 世界美術大全集 西洋編6・…
  • 世界美術大全集 東洋編5・五…
  • 世界美術大全集 東洋編14・…
  • 世界美術大全集 東洋編8・明…
  • 世界美術大全集 東洋編9・清…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ