お知らせ

2021.2.2

ウイルスよりよっぽどヤバイぞ、ニッポン人『コロナとバカ』

キーワード: エッセイ 評論 芸能 エンターテインメント 新型コロナウイルス

ウイルスよりよっぽどヤバイぞ、ニッポン人『コロナとバカ』

コロナきっかけに炙り出された「バカ」たちを一刀両断!

2020年、新型コロナウイルスは我々の日常を一変させた。

非日常の生活は、これまで隠されていたニッポン人の「愚かさ」「醜さ」をも炙り出した――。

パフォーマンス先行で右往左往する政治家たち、感染拡大でも「五輪」「万博」にすがる経済界、不倫報道に一喜一憂の芸能界、そして世界の動きに見て見ぬふりのニッポン人。

ああ、どこを見渡してもバカばかり。

「おいおい、この国本当に大丈夫か」

政治家、芸能界、コロナ騒動・・・天才・ビートたけしが毒全開で一刀両断する。

 

«この本では、コロナきっかけに炙り出された「バカ」たちの話をしていく。このところ、政治の世界も、経済の世界も、芸能界だって首を傾げることだらけだからね。

そして、志村けんちゃんや、いろんな大事な人との別れによって、オイラの心の中に生まれた「小さな変化」についても語りたい。»

(本書「はじめに」より)

 

【本書に登場する残念な人たち】

● 国民に外出自粛をお願いしておいて、自分の妻には言えない前総理大臣

● スイーツやコミック好きをアピールして「かわいいオジサン」ぶる現総理大臣

● 政権批判ブームが終わったとたん、すっかり黙りこんでしまった芸能人

● 総理大臣が辞めるとなった途端、ご祝儀で支持率をアップさせる日本人

● 世襲なのに「自分の手柄」と勘違いしている政治家

● コロナでも営業しているパチンコ店を実名公表して宣伝してしまった府知事

● パフォーマンスばかりで大したことやってない都知事

● 交通事故で人を死なせておいて、「車の誤作動だった」と言い張る老人

● 手間と時間をかけて「GoToイート錬金術」で小銭を稼ぐ貧乏人

● SNSで人を叩くくせに、面と向かっては何も言えないネット民

● 大谷翔平や藤井聡太を見て、「自分の子も」と考える親

● 小学生の「あだ名」を禁止して、イジメを止めたと思ってる教育委員会

・・・まだまだ出てくるバカばかり。

 

ああ、こんなニッポンに誰がした! コロナ禍におけるビートたけしの現代評論。

志村けんさん、渡哲也さん・・・同じ時代を生きた〝戦友〟たちへのメッセージも完全収録!

 

〈目次〉

はじめに

第1章 コロナが炙り出した「ニッポンのバカ」

第2章 さよなら、愛すべき人たちよ

第3章 ニュース・テレビの「お騒がせ事件簿」

番外編 これぞ〝不要不急〟の爆笑企画! 2020年「ヒンシュク大賞」を決定する!

おわりに

 

小学館新書

『コロナとバカ』

著/ビートたけし

 

【著者プロフィール】

ビートたけし

1947年東京都足立区生まれ。漫才コンビ「ツービート」で一世を風靡。その後、TV、ラジオのほか映画やアートでも才能を発揮し、世界的な名声を得る。1997年『HANA-BI』でベネチア国際映画祭金獅子賞、2003年『座頭市』で同映画祭監督賞を受賞。

 

★ こちらもオススメ!

テレビじゃ言えない!芸人と裏社会の深遠なる関係『芸人と影』

 

高嶋ちさ子が初めて明かす「普通じゃない?」わが家のストーリー!『ダーリンの進化論』

 

生き方に迷ったとき、この言葉が糧になる!『硬派の肖像―ぶれない男、31人の人生訓』

 

佐藤愛子☓小島慶子 年の差50歳真剣勝負!『人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか』

 

室井滋の行くところ事件あり!?すべらない旅エッセイ67連発!『ヤットコスットコ女旅』

関連リンク