お知らせ

2019.5.7

15歳の夏、わたしの体の奥底でなにかが蠢いた。『もう二度と食べることのない果実の味を』

15歳の夏、わたしの体の奥底でなにかが蠢いた。『もう二度と食べることのない果実の味を』

痛くて切ない優等生ふたりの「熱」を描く

16歳の時、「女による女のためのR-18文学賞」に応募した短編「ジェリー・フィッシュ」が最終候補に選出。

同作で小説家デビューをはたし、のちに金子修介監督で映画化されるなど、10代からその才能に注目が集まった雛倉さりえ。

あれから6年が経ち、大学院在学中の彼女が描いたのは、15歳の言い知れぬ〝衝動〟です。

 

「一般的には、若い方たちの恋愛は爽やかで切なく、華やかなイメージがあるかもしれません。でも、もっと醜くて汚い、生々しい関係があってもいいはず。むしろ醜くて汚い恋愛の方が、多いのかもしれない。その醜さをとことん突きつめたい。おしゃれじゃない恋愛を書いてみたかった。恋愛という言葉ではくくれない、生身の男女の関係性に迫りたいと思いました」「小説丸」著者インタビューより)

 

 

ひなびた温泉街に育った中学3年生の冴(さえ)は夏休み直前のある日、掃除当番を押しつけられ、学年で成績トップの優等生、土屋くんと理科準備室で二人きりになった。

勉強に向かう姿勢と同じく、黙々と脚立の上で拭き掃除をする土屋くんの姿に、学年2位の自分が信じる〝正しさ〟を重ねる冴。

次の瞬間、室内に鈍い音がひびき、土屋くんの体は床に倒れていた。

 

‹‹わたしは、言った。

「出して」

「え?」

「足、出して。見せて。捻挫してるかも」

彼はおずおずと、右足を前に立てた。上履きと靴下を脱ぎ、制服の裾をまくる。

とたんに、ぐろぐろと濃い体毛が目にとびこんできた。肌のうえで凶悪にのたうつ、黒い毛。一本一本が見たこともないくらい太くて、長い。

おとこのひとは、みんなこうなのだろうか。みてはいけないものをみてしまったようで、心臓の鼓動が速くなった。けれど、なぜか目を逸らせない。果実のようなのどぼとけ。大きなくるぶし。ごつごつとした骨と、筋ばった肌。のたうつ毛。どれもわたしの体にはない。異質なものだ。幼い顔立ちに似合わない、男のからだ。

ふいに、おなかの奥が熱くなった。

なにか大きなものが、ゆるりと頭をもたげる。熱に浮かされたときにも似た、あるいは喉の渇きにも似た、あまく気だるい疼きが、全身にひろがってゆく。

››

 

夏休みに入り、ホテルの廃墟で逢瀬を重ねるようになったふたり。

 

――――夏休み明け、テストの結果は悲惨なものだった。

上に、上に、こつこつ積み上げてきたふたりが、下に、下に、落ちていく。

 

「ふたりを誰よりも深くむすびあわせ、同時に破滅をもたらしたもの。

それが、セックスだった」

 

受験、アンバランスな心と体、性への限りない渇望、誰かに承認してもらいたいという欲求。

思春期のとまどいと無鉄砲な強さを、みずみずしい筆致で紡ぎだす。

装幀写真は今、話題沸騰の写真家、岩倉しおり氏。

 

◆ 3月よりデジタル少女漫画誌「&フラワー」で、藤峰やまとさんによるコミカライズ「もう二度と食べることのない果実の味を~甘くて苦い、15歳の衝動~」が大好評連載中!▶▶▶https://andflower.shogakukan.co.jp/comiclist.html 

特設サイト▶▶▶https://andflower.shogakukan.co.jp/campaign190426.html

 

この機会にぜひ〝果実の味〟をご賞味ください!

 

『もう二度と食べることのない果実の味を』

著/雛倉さりえ

関連リンク