お知らせ

2019.1.13

一家心中の被害者と加害者が出会った時、宿命の針が動き出す。『悲願花』

一家心中の被害者と加害者が出会った時、宿命の針が動き出す。『悲願花』

乱歩賞作家が新たなアプローチで挑んだ慟哭のミステリー

夜闇に輝くパレード、大好物ばかりのご馳走、笑顔の父と母。

家族で遊園地に行ったあの日、幸子は夢のような時間を過ごした。

そして――

両親は家に火をつけて一家心中を図り、幸子だけが生き残った。

 

工場の事務員として働き始めた幸子は、桐生隆哉と出会い、惹かれ合うようになる。

しかし、幸子は隆哉に「一家心中の生き残り」であることを告げられずにいた。

隆哉の部屋で料理を作ろうとした幸子は、コンロの火を見てパニックを起こしてしまう。

 

過去に決別しようと両親の墓を訪れた幸子は、雪絵という女性に出会う。

「あたしが、子供たちを殺したんです」

子供たちを乗せた車で海に飛び込み、一家心中を図ったシングルマザーの雪絵は、自分だけ生き残ってしまったのだという。

 

‹‹幸子は雪絵の目を真っすぐ見返した。

「私なら――命で償う」

雪絵は心臓に杭を打ち込まれたような顔をした。絶句したまま、言葉を探すように目をさ迷わせる。

「命――?」

「はい。だって、そうでしょ。元々、一緒に死ぬつもりだったのに、のうのうと生き延びてしまって・・・・・・そんな状況だったら、私なら子供の後を追います」

雪絵は傷ついた顔で言った。

「ずいぶんひどい言い草ね」

――当然でしょ。赤の他人でもあなたは私の〝母親〟なんだから。

親に殺された子供は――殺されそうになった子供は、どんなふうに生きていけばいいのか。殺した側の罪の償い方より、分からない。だからこそ、苦しみ続けている。

「自分が生き残ってしまったら、それはもう〝心中〟じゃなく、ただの〝殺人〟じゃないですか」

本音を言えば、一家全員が死んだとしても、殺人には違いない。巷で増えている児童の虐待死と何が違うのか。〝心中〟の名のもとに自分も死んでしまえば、不幸な出来事として世間から同情されるのか。赦されるのか。

間違っている。

幸子は皮膚に爪が突き刺さるほど強く拳を握り締めた。

あの夜、両親がちゃんと殺してくれていたら、こんなに苦しみ悩まずにすんだのに――。››

 

雪絵と出会い、心を強くかき乱される幸子。

一家心中の<被害者>と<加害者>の思いが交錯した時、衝撃の真実が明らかになる――。

「闇に香る嘘」「黙過」で最注目の乱歩賞作家が「初めてラストを決めずに書き始めた」慟哭のミステリー!!

 

全国の書店員さんからもイチ推しのコメントが届いています。

 

「せつなくも、最後まで息がつけない。

憑依的なミステリーに衝撃!」

(うさぎや矢坂店 山田恵理子さん)

 

『悲願花』

著/下村敦史

 

【著者プロフィール】

下村敦史(しもむら・あつし)

 1981年京都生まれ。2014年「闇に香る嘘」で第60回江戸川乱歩賞受賞。その後、意欲的に新作を刊行。「生還者」は第69回日本推理作家協会賞の長編及び連作短編賞部門の候補になる。他の著書に「難民調査官」シリーズ、「叛徒」「真実の檻」「失踪者」「告白の余白」「緑の窓口 樹木トラブル解決します」「サハラの薔薇」「黙過」など。ミステリー仕立てのエンターテイメント小説の新たな旗手として、注目を集める若手作家。

 

★こちらもオススメ!

ゾンビが文芸界を侵食。大人気漫画小説化!『アイアムアヒーロー THE NOVEL』

中田永一ならではのミリ単位でひかれた設計図!切なすぎる青春ミステリー『ダンデライオン』

恨み骨髄。誘拐ミステリーの金字塔「真犯人」を超える続編登場!『人さらい』

わたしは生まれつき〝痛み〟を感じない。『無痛の子』

あの日埋めたのは骨格標本ではなく人骨!?2018年上半期最大の衝撃と感動!『骨を弔う』

関連リンク