お知らせ

2018.12.23

【大増刷!!】「人生は年齢を重ねるほどつまらなくなっていく」ビートたけしが語る『「さみしさ」の研究』

【大増刷!!】「人生は年齢を重ねるほどつまらなくなっていく」ビートたけしが語る『「さみしさ」の研究』

葬式で「よくぞ死んだ」の喝さいを目指せ!

ビートたけし流「ヒンシュク老人」のススメ

※重版できました。店頭にない場合はご注文ください。

 

人生100年時代になり、〝老い〟をテーマにした本が次々とベストセラーになっています。

「いつまでもアクティブに」

「第二の人生に夢や目標を持とう」

「孤独は悪いもんじゃない」

そんな言葉があらゆるメディアで飛び交っていますが、天才・たけしは「それを妄信するのはどうだろうか」と疑問を投げかけます。

 

‹‹オイラは「いつまでも若々しくありたい」なんて願ったことはない。「老い」を隠そうと思ったこともない。昔より自由がきかなくなってきた体にちょっとイライラするのは事実だけど、老化という当たり前の自然現象と戦おうとしたって、勝ち目はないんだからさ。

人生は、年齢を重ねるほど生きづらく、理不尽になっていく。夢のように輝かしい老後なんてない。若い頃に比べりゃ、つまらないことばかり増えていく――それが真理なんだよな。››(本書「はじめに」より)

 

老後について考えるとき、まず「人生は、年齢を重ねるほどつまらなく不自由になっていく」という事実を受け入れなければダメなのです。

〝ヒンシュク〟の極意を伝えた『ヒンシュクの達人』の著書をもつ天才・たけしが、「若者に好かれたい」「人から尊敬されたい」なんて思って窮屈にならすに、ヒンシュク上等で余生を楽しむための心の持ちようを提案。

天才・たけし流、世間に迎合せず生きるための「さみしさ」との付き合い方とは?

 

また、著者と関わりの深い人たち――大杉漣氏、松方弘樹氏、さくらももこ氏、星野仙一氏、樹木希林氏、西城秀樹氏――の死についても、生前の秘話を交えてぶっちゃけトーク。

 

さらに、「ニッポン社会も、老化が止まらない」の章では、安倍晋三、小泉進次郎、大谷翔平から「不倫」「パワハラ」「相撲協会」「AI」「エロ本」まで、小学館新書の前作『テレビじゃ言えない』同様のタブーなき社会事象も展開します。

 

巻末の「おまけ」では、2018最旬人物「ヒンシュク大賞」を発表!

 

小学館新書

『「さみしさ」の研究』

著/ビートたけし

 

★こちらもオススメ!

ビートたけしが自著『テレビじゃ言えない』で言いたい放題! 話題のニュースの毒舌分析から~「最旬人物ヒンシュク大賞」まで切れ味バツグンです。

「今のような学校教育はいらない」。落合陽一による話題のゼロヒャク教科書!『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書』

重版決定! 『たけし、さんま、所の「すごい」仕事現場』を伝説のプロデューサーがぶっちゃけトーク。驚愕のエピソード連発です!!

高田文夫が石原さとみ、濱田岳ほか・・・今旬芸能人の意外な素顔とマル秘エピソードを披露!『イヨッ たっぷり!』

本邦初公開の写真や私物が満載!伊丹十三から学ぶべき、お洒落・モノ選び・生き方 『MEN’S Precious 2018年冬号』

関連リンク