お知らせ

2017.4.7

ビートたけしが自著『テレビじゃ言えない』で言いたい放題! 話題のニュースの毒舌分析から~「最旬人物ヒンシュク大賞」まで切れ味バツグンです。

キーワード: テレビ エンタメ 政治 社会

ビートたけしが自著『テレビじゃ言えない』で言いたい放題! 話題のニュースの毒舌分析から~「最旬人物ヒンシュク大賞」まで切れ味バツグンです。

ビートたけしの毒全開!

ビートたけしが「放送コード完全無視」で

トランプからアイドル、「笑点」までぶったぎる!

『テレビじゃ言えない』に反響続々!

いま、売れまくっています!!

 

‹‹最近、ちょっとフラストレーションがたまってることがある。

ご存知の通り、オイラの主戦場はテレビだ。

40年近くこの業界でメシを食ってきたし、愛着は当然ある。

それなりに実績も作ってきたし、

新しいものも多少は生み出してきたつもりだ。

だけど、そんなオイラでも、

このところ昔みたいに自由が利かなくなってる。

テレビの自主規制がひどくなっていて、

かつてのような言いたい放題、

やりたい放題がドンドンできなくなってきてるんだ››

 

この本は、そんなビートたけしのつぶやきから生まれました!!

コンプライアンス、CMスポンサーへの配慮、そんなものクソ食らえ!

偽善と矛盾だらけの現代ニッポンをバッサリ!

 

昨今の角栄ブームに乗っかる庶民ついては、

‹‹田中角栄なんて冷静に考えりゃ、けっこうな「ワル」だぜ。

清廉潔白な人間が、一代で目白の一等地に大御殿なんて作れるわけがないんでさ。

そういうのを偉人扱いしちゃうニッポン人ってのは、

本当にお人好しの集まりなんだよな。だから、権力やカネをもった人間に

「庶民はバカだから扱いやすい」なんて思われちまうんだよ››

と一刀両断!

 

ネット至上主義の若者たちの「意外な弱点」を示したり、

安倍政権が推進する「1億総活躍」社会の欺瞞を皮肉たっぷりに突っ込んだり・・・。

「お笑いBIG3」を今の若手芸人たちが越えられない理由から、

大橋巨泉、高倉健ら天国のあの人たちの裏話まで、とにかく切れ味バツグン!

 

「オマケ」や「番外編」にも注目!

舛添要一前東京都知事やショーンK、ハンカチ王子らが

名をつらねる「最旬人物ヒンシュク大賞」は痛快そのもの!

時事ネタから爆笑タイトルを考案する「妄想AVネーミング大賞」抱腹絶倒必至です!

 

小学館新書 『テレビじゃ言えない』 著/ビートたけし

 

★こちらもオススメ!

悪口・暴言も、言い方一つで武器になる。『ヒンシュクの達人』

世の亭主たちの救いとなる、ありがた~い教えとは? 『「カミさんポックリ教」宣言』

社会風俗、流行など、独自の視点で斬って棄てるビートたけしの名物時評『貧格ニッポン新記録』

関連リンク