小学館新書

「さみしさ」の研究

〈 書籍の内容 〉
老い、孤独、そして独立--すべてを語る。
天才・たけしが「老い」と「孤独」をテーマに男の生き方について語る。世間に迎合せず生きるための「さみしさ」との付き合い方とは。自らの独立騒動や、大杉漣氏、松方弘樹氏、漫画家・さくらももこさんなど友の死についても深く語る。
「ニッポン社会も、老化が止まらない」の章では、小学館新書の前作『テレビじゃ言えない』同様のタブーなき社会事象も展開。高齢化社会の欺瞞と矛盾をえぐり出す。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
相変わらずの毒舌・ブラックユーモアは健在! 今回の天才・たけしは、高齢化社会のウソと欺瞞を真っ向からぶった切りながら、自分の中にある「孤独」や「死生観」と向き合います。なぜこの男は70代になっても「不良少年」でありつづけられるのか。その答えが余すところなく記されています。
〈 電子版情報 〉
「さみしさ」の研究(小学館新書)
Jp-e : 098253380000d0000000
老い、孤独、そして独立--すべてを語る。

天才・たけしが「老い」と「孤独」をテーマに男の生き方について語る。世間に迎合せず生きるための「さみしさ」との付き合い方とは。自らの独立騒動や、大杉漣氏、松方弘樹氏、漫画家・さくらももこさんなど友の死についても深く語る。
「ニッポン社会も、老化が止まらない」の章では、小学館新書の前作『テレビじゃ言えない』同様のタブーなき社会事象も展開。高齢化社会の欺瞞と矛盾をえぐり出す。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

まだ、50代ですが、昔からビートたけしさんが好きで、才能ある人で生き方や考え方が羨ましく、憧れです。出した本は、大体読んでいます。(50代 男性) 2020.2.21

たけしさんらしい独特の考えが、自分自身の思考の幅を広げていただけます。(40代 男性) 2020.1.14

ビートたけしさんの本音がズバッと記されて読み応えがありました。(40代 男性) 2019.10.15

毒ガス発刊からずっとたけしさんの本は購入しています。一気に読んで笑っています。これからも楽しみにしています。(50代 女性) 2019.10.2

タケシの新書は毎回購入します。大満足。この様な内容でこれからも出して下さい(30代 男性) 2019.8.31

  北野武さんの本はとにかく面白くて嫌味がないので愛読書の一つです。 「さみしさ」の研究。読者目線で描かれていて、ただすごい!と。あっという間に1冊読んでしまいました。。続きが読みたいです! (40代 女性) 2019.6.15

シミジミと読書することが出来ました。(40代 男性) 2019.3.30

筆者とタイトルが目にひいて陳列してあり、すぐ手に取りました。(50代 男性) 2019.3.9

この本の出会いは不思議でビジネス書系の平積みされている場所にポツンと一冊だけなぜか置かれていました。 不思議に思いつつも本のタイトルや内容に興味が惹かれて買っちゃいました。 たけしさんの独特なジョークと鋭い視点での解説が面白く1日で読み終わりました。 視野が広がるようないい本でした。(20代 男性) 2019.3.3

週刊ポスト連載時に目を通すが、まとめて読むことにより、たけしさんの言わんとするところが一層理解できるように思われる。(60代 男性) 2019.2.12

あなたにオススメ!

  • 芸人と影
  • テレビじゃ言えない
  • ヒンシュクの達人
  • たけし、さんま、所の「すごい…
  • 他人が笑おうが笑うまいが、自…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ