小学館新書

「さみしさ」の研究

〈 書籍の内容 〉
老い、孤独、そして独立--すべてを語る。
天才・たけしが「老い」と「孤独」をテーマに男の生き方について語る。世間に迎合せず生きるための「さみしさ」との付き合い方とは。自らの独立騒動や、大杉漣氏、松方弘樹氏、漫画家・さくらももこさんなど友の死についても深く語る。
「ニッポン社会も、老化が止まらない」の章では、小学館新書の前作『テレビじゃ言えない』同様のタブーなき社会事象も展開。高齢化社会の欺瞞と矛盾をえぐり出す。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
相変わらずの毒舌・ブラックユーモアは健在! 今回の天才・たけしは、高齢化社会のウソと欺瞞を真っ向からぶった切りながら、自分の中にある「孤独」や「死生観」と向き合います。なぜこの男は70代になっても「不良少年」でありつづけられるのか。その答えが余すところなく記されています。
〈 電子版情報 〉
「さみしさ」の研究(小学館新書)
Jp-e : 098253380000d0000000
老い、孤独、そして独立--すべてを語る。

天才・たけしが「老い」と「孤独」をテーマに男の生き方について語る。世間に迎合せず生きるための「さみしさ」との付き合い方とは。自らの独立騒動や、大杉漣氏、松方弘樹氏、漫画家・さくらももこさんなど友の死についても深く語る。
「ニッポン社会も、老化が止まらない」の章では、小学館新書の前作『テレビじゃ言えない』同様のタブーなき社会事象も展開。高齢化社会の欺瞞と矛盾をえぐり出す。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

たけしさんの本でもありタイトルにも興味ありました!(60代 男性) 2019.1.6

老いてなお血気盛んな、たけしさん。まだまだ衰え知らずのコツは何なのか。そして、2018年に思い事アレコレ。これを読まずして、今年は語れない。(50代 男性) 2018.12.21

ビートたけしのファンで、目について気になったので買いました。自分にはない社会に対する視点を与えてくれる本です。(20代 男性) 2018.12.20

タイトルと内容が合ってないが武の毒舌が面白かった(50代 女性) 2018.12.18

あなたにオススメ!

  • テレビじゃ言えない
  • ヒンシュクの達人
  • たけし、さんま、所の「すごい…
  • 話す力
  • 私塾・坂本竜馬
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ