お知らせ

2018.8.21

『神様の護り猫 』が教えてくれたこと。

『神様の護り猫 』が教えてくれたこと。

引きこもり中の美琴は優しい神主見習いと毒舌猫に出会う

短大を卒業し念願だった文房具メーカーに就職した渡瀬美琴。

これから輝く未来が待っていると思っていたら、ストレスで体調を崩し、3年で会社を退職。

おまけに、初めての彼氏にも浮気されてあっさりと別れを言い渡された。

 

うまくいかない人生に打ちのめされた美琴が逃げこんだのは、一年前に亡くなった祖母の家。

持ち主がいなくなった田舎の空き家でのひとり暮らし。

忙しすぎてよかったのは、貯金を使う暇がなかったこと。

ある日、このままでは引きこもりになってしまうと不安になった美琴は、久しぶりに家を出た。

目的もなく歩いていると、幼い頃、祖母と行った花咲神社が目に入った。

神社の階段を上がって参拝すると、白地に黒ブチの猫がすり寄ってきた。

抱き上げて膝の上に乗せているうちに、いつの間にか眠ってしまった美琴。

ふと目を覚ますと、目の前に細身の美男子が立っていた。

 

‹‹「えっ、野澤さんの? お孫さんかな?」

「そんなところだろうな。木がざわついてる」

ふたりは目が覚めたことに気がつかない様子で、会話を続けている。

『木がざわつく』ってどういうこと?

あれっ。会話をしているはずなのに、ひとりしかいないのはどうして?

「な、ななななにっ!」

自分でも驚くような大声が出てしまい、口を押さえる。

「あぁぁ・・・・・・」

人間、あまりにびっくりするとおかしな声を発するらしい。››

 

見習い神主の青年・千早と、人の言葉を話す猫・モー。

花咲神社は生者と死者の再会が許されている場所だった。

神様の眷族(けんぞく)だというモーは、それを必要としている人々の手助けをするのだと千早は言う。

モーの不思議な力によって過去の自分の姿を見せられた美琴は、心の奥に押し込めていた後悔と向き合うことに・・・・・・。

 

「〝ごめんね〟と伝えさせて」

心から誰かに再会したいと願えば、きっと叶えてくれる神様の猫がここにいる。

現世〈うつしよ〉と隠世〈かくりよ〉をつなぐ花咲神社で、優しい神主見習いと毒舌猫とともに働くことになった美琴の、奇跡と涙と感動の物語!

 

小学館文庫

『神様の護り猫 最後の願い叶えます』

著/朝比奈希夜  イラスト/mocha

 

★こちらもオススメ!

HKT48田島芽瑠「この本に出会えてよかった」『ラーメンにシャンデリア』

彼女を見ると、なぜかホンネが止まらない!?『原之内菊子の憂鬱なインタビュー』

深山くのえ×藤間 麗が紡ぐ大正恋浪漫!! ルルル文庫『乙女なでしこ恋手帖 三世を越えて』

AKB48柏木由紀が人生最大のピンチやコンプレックス、初恋を初告白!小学館ジュニア文庫『アイドル誕生!こんなわたしがAKB48に!?』

玄田哲章と増山江威子が声の出演!! 8万部突破のリアル猫マンガ『俺、つしま』テレビCMは必見です!

関連リンク