お知らせ

2020.3.18

死に際「いい時を過ごした」と胸いっぱい感じられるように。『定命を生きる よく死ぬための禅作法』

死に際「いい時を過ごした」と胸いっぱい感じられるように。『定命を生きる よく死ぬための禅作法』

禅が教える、美しい〝生き方〟、そして〝逝き方〟とは?

著者の枡野俊明氏は、禅の思想と日本の伝統文化に根ざした「禅の庭」の創作活動を行い、国内外から高い評価を得ている人物です。

数々のベストセラー著書を発表してきた人気禅僧が次なるテーマに選んだのは、美しい〝生き方〟と〝逝き方〟。

今をどう生きるか?

そして、どんな死が訪れるのか?

前者は自分でなんとかなりそうですが、後者は誰にもわかりません。

ただ、禅には「心安らかに死を迎える」ための手がかりがあるといいます。

 

‹‹禅にはよく死ぬためのヒントがあります。それを一つひとつ掘り起こしたのが本書です。読み進まれるうちに、そのどれにも共通しているものがある、ということに気づかれるでしょう。

「これって、全部が〝よく生きる〟ためのヒントじゃないか!」

そう、よく死ぬこととよく生きることは不可分。もっといえば、よく生きることのほかによく死ぬ方法はないのです。

もちろん、多くの財産を築いたり、社会的な地位を得たりすることが、よく生きることではありません。››

 

書名の「定命(じょうみょう)」とは禅の言葉で、命の長さは生まれ落ちたその瞬間から〝定められている〟という意味。

定命が100年の人もいれば、10年の人もいます。

定められた時間が長くても短くてもその意義は同じ。

では、その中で〝よく生きる〟ためにはどうしたらいいのか?

どうしたら心穏やかに、清々しく逝けるのか?

日ごろの行いや心がけを伝授します。

 

こちらは本書の内容の一部です↓↓↓

 

■ 命は預かりもの

■ 人は二度死ぬ

■ 無駄な抵抗はやめる

「長生き」を目標にしない

■ 死の悲しみをどう受けとめるか

■ 年寄りの〝冷や水〟を浴びよ

■ おなかいっぱい食べない

■ 動けるうちは動く

■ 痛みに嘆くあなたへ

 

人生100年時代といわれ、定まった命が確実に長くなっている現代を、潔く軽やかに生きるための一冊です。

 

〈目次〉

はじめに

 

1章 「定命」とはなにか

――預かりものの命を生きる

 

2章 命を輝かせる「心」の持ち方

――減らす、手放す、受け容れる

 

3章 「行動」を少し変えてみる

――最期の日までにやっておきたいこと

 

4章 人生が整う「暮らし方」

――今日を「最高の一日」にする禅的メソッド

 

5章 身体と対話する

――「体力」より「元気」をつける

 

『定命を生きる

よく死ぬための禅作法』

著/枡野俊明

【著者プロフィール】

枡野俊明(ますの・しゅんみょう)

1953年神奈川生まれ。曹洞宗徳雄山建功寺住職、庭園デザイナー、多摩美術大学美術学部環境デザイン学科教授。大学卒業後、大本山總持寺で修行。「禅の庭」の創作活動により、国内外から高い評価を得る。芸術選奨文部大臣新人賞を庭園デザイナーとして初受賞。ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章を受章。2006年「ニューズウィーク」日本版にて、「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれる。庭園デザイナーとしての主な作品に、カナダ大使館、セルリアンタワー東急ホテル日本庭園など。

 

★こちらもオススメ!

つもりつもった心のアカを『日めくり 一日一禅』で洗い流し、免疫力&やる気&血中幸福度UP!

修行僧は肌が透けるように白くつややかになる。禅的シンプル生活のはじめの一歩は「食事」から。『禅と食』

自分から自由になる「禅の教え」『劣等感という妄想』

坐禅が「心を整える」仕組み!『生きるのがラクになる椅子坐禅』

枡野氏がデザインした「禅の庭」の写真と言葉に癒される。『眺める禅』

関連リンク