すーっと心がかるくなる

眺める禅

眺める禅
ためし読み
定価
本体1300円+税
発売日
判型/頁
A5判(横長/96
ISBN
9784093883467
〈 書籍の内容 〉
心配事も悩み事も消えていく読んで眺める本
話題の禅僧・枡野俊明氏の新刊は、
これまでの枡野ワールドとはひと味違う“眺めて、読んで、感じる"本。

世界的な庭園デザイナーでもある
枡野氏がデザインした「禅の庭」の写真と、
禅の考え方に基づいた、心にしみわたる言葉満載。
ぱっと開いたページを眺めるだけで、
心が静かに、すーっと軽くなる一冊です。


たとえば、寒川神社の庭園の、水のほとばしる滝の写真には、
こんな言葉が添えられています。

「水は何ものにも逆らわないで
高い所から低所へと流れてゆきます
踏ん張ることは大切です
それでも、踏ん張りきれなかったら、
流れてゆけばいいのです
流されることと、流れることは、違うのですから…」


ともすると余計なことを考えたり、不安が心を占めがちな夜、
就寝前の30分間、毎日、本書を開くようにすると、
心配事も悩み事も消えていき、
静かな心で眠りにつくことができます。

“夜の坐禅"ともいえる、この新習慣を、ぜひ、あなたのものに。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
ついつい走り続けがちな毎日に、気持ちが押しつぶされそうになりますが、
お庭の写真を眺め、言葉をかみしめていると、不思議と心が落ち着いてきます。
著者の枡野さんからは「毎晩、同じ写真を眺めるようにすると、心の状態がわかるようになります」とアドバイスをいただきました。
〈 目次をみる 〉
1章 心安らぐ---静寂(せいじゃく)---
2章 力を授かる---不均斉(ふきんせい)---   
3章 心清める---脱俗(だつぞく)---     
4章 迷いを断ち切る---枯高(ここう)---  
5章 あるがままに---自然(じねん)---   

★「禅の庭」index

あなたにオススメ!

  • 野村の実践「論語」
  • 僕の死に方 エンディングダイ…
  • 藤子・F・不二雄の発想術
  • 仕事にしばられない生き方
  • 歩けば歩くほど人は若返る
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ