お知らせ

2019.2.17

笑って泣ける原田マハの新たなる代表作がスマッシュヒット中!小学館文庫『ロマンシエ』

笑って泣ける原田マハの新たなる代表作がスマッシュヒット中!小学館文庫『ロマンシエ』

乙女な心を持つ美術系男子のラブコメディ!

有名政治家を父に持つアーティストの卵・遠明寺美智之輔(おんみょうじ・みちのすけ)は、乙女な男の子。

恋愛対象が同性の美智之輔は、同じ美大の油彩コースに通う同級生の高瀬君に想いを寄せるが、想いを告げられないまま2年の月日がすぎていた。

挙句の果てに、高瀬君から美智之輔にひとめぼれした、という後輩を紹介される始末……。

そのまま卒業を間近に控えた美智之輔は、卒業制作が最優秀作品(ボザール賞)に選ばれ、フランスの美術学校に留学することに。

 

憧れのパリへ。

ところが、美智之輔の留学先は有名な「エコール・デ・ボザール」ではなく、個人経営の「アトリエ・ド・ボーゴス」だった。

 

‹‹――高瀬君。

胸の中で呼びかける。いまはもう、はるか遠くに離れてしまったあたしの心の恋人。二年まえ、あたしがパリへと旅立つ朝、空港まで見送りにきてくれたっけ。

あたしが受賞した「ボザール賞」が美術学校(エコール・デ・ボザール)じゃなくて、私設の画塾(アトリエ・デ・ボザール)への留学だったこと、高瀬君にだけは打ち明けた。ほかの誰にも言わないでほしいんだ、と前置きして。

高瀬君は、あたしの告白のどこがツボなのか――驚いていいのか笑っていいのか――わからないようだったけど、いいんじゃない? 朗らかに言った。

大事なのは、お前にやる気があって、パリに行って、絵の勉強をすることだろ?

だったら、「エコール」だろうと「アトリエ」だろうと、どっちでもいいんじゃない?

どこに行ったって、お前なら大丈夫だよ。お前には、ほかの誰にもない特別な何かがある。きっと、すっげーアーティストになるって信じてるよ。

その言葉に、どれほど助けられただろう。››

 

ボーゴスに週2日通い、パリの六区にあるカフェでアルバイトをしながら、ボザールに入るための準備を進める日々。

ある日、美智之輔はバイト先で、愛読している超人気ハードボイルド小説の作者・羽生光晴に出会う。

彼女は訳あって歴史あるリトグラフ工房idemに匿われているという。

過去にはピカソなどの有名アーティストが作品を生み出してきたプレス機の並ぶその工房で、リトグラフの奥深さに感動した美智之輔は、光晴の生活をサポートしつつ、リトグラフ制作を行うことになる……。

 

乙女な美・男子がパリの街を、恋に夢に全力疾走!

美智之輔のハイテンションな世界に、ぐいぐい引き込まれていきます。

めくるめく展開から、ラスト50ページ、切なさの魔法が炸裂!

魅力的な登場人物、テンポのいい文章、心ときめくラブロマンス……。

「楽園のカンヴァス」著者の新たなる代表作です。

 

単行本刊行当時、小説『ロマンシエ』に登場するパリのリトグラフ工房〝idem〟とコラボした画期的な展示会を企画。

文庫版には、この展覧会が開催されるまでの舞台裏について、東京ステーションギャラリー館長・富田章さんが特別寄稿してくださいました。

また、展覧会の図録に寄せた掌編「君が叫んだこの場所こそが、ほんとの世界の真ん中なのだ。」を特別再録。

これを読めば『ロマンシエ』のすべてがわかる豪華コンプリート版です!

 

小学館文庫

『ロマンシエ』

著/原田マハ

 

★こちらもオススメ!

映画ドラえもん×辻村深月さん 『小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記』刊行記念インタビュー

この葬儀場では、奇蹟が起きる。第19回小学館文庫小説賞受賞作!『ほどなく、お別れです』

【第1回】シリーズ累計327万部!最新刊『新章神様のカルテ』〈プロローグ〉の一部を全3回で無料公開中!

一家心中の被害者と加害者が出会った時、宿命の針が動き出す。『悲願花』

「鴨川食堂」の次は、ぜひ当館へお越しください!『海近(うみちか)旅館』

関連リンク