お知らせ

2019.1.12

「鴨川食堂」の次は、ぜひ当館へお越しください!『海近(うみちか)旅館』

「鴨川食堂」の次は、ぜひ当館へお越しください!『海近(うみちか)旅館』

人情てんこ盛りでおもてなし!

若女将が旅館に新たな風を吹き込む

海野美咲は都内の大学を卒業後、静岡県伊東市にある実家の旅館を継いでほしいと母・房子に頼まれたが断った。

それから3年後、美咲は『海近旅館』の若女将になった。

名女将だった母が亡くなったこともあるが、会社勤めやひとり暮らしに疲れたことも一因だ。

 

家族と一緒に『海近旅館』を立て直したいと意気込んでいた美咲だが、お盆休みのピーク期でも満室にならない体たらくが続いていた。

海は近いが、温泉なし、設備古しで、繁盛旅館とは程遠い。

父も兄も頼りにならない。

名女将だった母の人柄だけが、唯一のよりどころだった。

幼なじみで「はりま荘」の若主人でもある明彦に愚痴をこぼしていると――

 

‹‹お盆休みのさなかとあって、子どもの歓声が海風に乗って聞こえてくる。風に飛ばされたビーチボールが、美咲の足元に転がってきた。受け留めて周りを見回すと、水着姿の女の子が駆け寄ってきた。

「はい」

美咲が手渡した。

「ありがとう。あ、ぼろ旅館のおばちゃんだ」

美咲の顔を見て、女の子がかん高い声を出した。

女の子の顔をよく見ると、昨夜『海近旅館』に泊まった子どもだ。

「おいおい、ぼろ旅館っていう言い方はないだろう」

明彦が身体をおこした。

「いいの、いいの。うちはたしかにぼろ旅館なんだから。でも、おばちゃんは嫌だな。おねえちゃんって言ってほしかったな」

美咲が女の子の頭を撫でた。

「じゃあ、ぼろ旅館のおねえちゃん」

女の子は人懐っこい笑顔を見せた。

「行くわよ」

布団が薄すぎるとか、ご飯が硬いとか、風呂がぬるいとか、さんざん文句を言った母親が、女の子の手を無理やり引っ張っていった。

「感じ悪いな」

ピンクの水着の背中を見送って、明彦が眉をひそめた。

「ゆうべうちに泊まった家族連れだけど、ずっと文句言われっぱなしだった」

美咲が砂浜の上にすわりなおした。››

 

ひよっこ若女将に、世間の風は冷たい。

それでも宿を一生懸命切り盛りする美咲。

経営難を乗り越えることができるのか?

 

「お客さまはけっして神さまではありません。

でも、ときどき神さまがお客さまになってお越しになることはあります」

 

連続ドラマも大好評!

「鴨川食堂」著者が贈る、ハートフルストーリー!

あなたの明日を後押しする〝おもてなし〟小説です。

 

 

『海近(うみちか)旅館』

著/柏井 壽

 

★こちらもオススメ!

連続ドラマ絶賛放映中! 人生には忘れられない"食"がある。 『鴨川食堂いつもの』

辛くて泣きそうな日はご来店ください。『鴨川食堂はんなり』

「絶対に不可能」といわれた業界の常識を覆した『世界に⼀軒だけのパン屋』

居酒屋の達人がすすめる関西の名店30!『関西で飲もう~京都、大阪、そして神戸』

HKT48田島芽瑠「この本に出会えてよかった」『ラーメンにシャンデリア』

関連リンク