お知らせ

2019.2.5

「飛び抜けて手間をかけた」ホリエモン渾身のAI論!『僕たちはもう働かなくていい』

「飛び抜けて手間をかけた」ホリエモン渾身のAI論!『僕たちはもう働かなくていい』

「人」と「AI×ロボット」が共存する時代の知識と教養

 

「あのとき、ああしておけばよかったなどと、1秒たりとも後悔はしたくない。

ありもしない未来に振り回されるのもイヤだ。

私は毎日、楽しい。

楽しくて楽しくて楽しくて、やりたいことが尽きない。

インターネットなど、テクノロジーの多大なる恩恵があるからこそ、成立しているとも言える。機械やら人の手に、私のできないことや面倒くさいことを受け渡すのに、何ひとつ抵抗がない。

だから、いくらでも、好きなこと、やりたいことに全力を傾けられる。

 

働かなくていい世界を信じ、やりたいことをやり尽くす。それが堀江貴文だ」

 

近年、AI研究に関わる専門家たちとの対話を重ね、さまざまな知見を得てきたホリエモンによる唯一無二の「これからの〝生き方論〟」最終結論!

 

ディープラーニングの登場によって、飛躍的な進化を遂げたAI。

もはや私たちは「AI×ロボット」の力を使って、未来を築かざるを得ない。

テクノロジーに「奪われる側」ではなく、「使い倒す側」になるため、いまやるべきこととは?

 

‹‹AIやロボットに仕事を奪われる・・・・・・ある意味では、事実だろう。

だが、奪われるという発想を持つ必要はない。

私たちの方から、AIやロボットの側に、面倒な仕事を受け渡すのだ。

 

今後はAIやロボットを使いこなす人と、そうでない人との格差の拡大が始まる。使いこなす側が受けられる恩恵と、使いこなせない側の不利益は、これまでの格差とは比べものにならないほど、大きくなるだろう。

とてつもない「AI格差」の時代が、始まりつつあるのだ。››(本書「はじめに」より)

 

本書では、「最近の著作のなかでは飛び抜けて、取材と考察に時間と手間をかけた」という

堀江氏が、AIやロボット技術によって変わる、私たちの未来について、重要ポイントを解説!

 

こちらは、夢が広がる本書のテーマの一部です!

 

・AIとの同期で知能が数千倍になる

・「人とAIが同期する姿」を見据える

・雑務はAIロボットに丸投げできる

・テクノロジーが生んだ美少女との交流願望

・ホリエモンロボットをつくりたい

・自分自身の「分身」に働かせる時代

・「AI教師」を活発に導入していくべき

 

テクノロジーは社会を激変させ、人間の能力も〝拡張〟し続けます。

専門的な内容や技術的な話を平易な表現でまとめた「AIの入門書」としても必読の一冊!

 

小学館新書

『僕たちはもう働かなくていい』

著/堀江貴文

 

★こちらもオススメ!

わが国トップランナーの研究陣が贈る、最強のAI入門書!『人工知能~その到達点と未来~』

AIにできないことをやれ!『発想力「0から1」を生み出す15の方法』

将来、人間の脳はコンピュータと融合しサイボーグ化せざるをえない!? 『文系人間のための「AI」論』

人生を縛る4つのコスト(家・自動車・結婚・家族)を大幅カット!?『属さない勇気』~まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」生き方改革~

ホリエモンが説く! アナタをだまそうとする人間を見抜くための心がまえ。 『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!』

関連リンク