お知らせ

2018.10.4

花が病んだ心を呼び寄せる。優しくて怖い花物語『さくら花店 毒物図鑑 夏の悪夢』

花が病んだ心を呼び寄せる。優しくて怖い花物語『さくら花店 毒物図鑑 夏の悪夢』


風変わりな夫婦と居候と植物が、歪んだ事件を解く!

住宅街にひっそりとたたずむ、レトロな雰囲気の「さくら花店」。

生まれながらに植物の声を聞くことができる店主の雪乃は、人々を癒して救おうとする花たちの願いを受け、その手助けをしているのだ。

ここにやってくるのは、傷ついて病んでしまった心を抱え、人知れず苦しんでいる人ばかり。

花は人を癒す。

さくら花店の花は、そのために存在している。

 

今日も花に呼ばれるようにして来店したのは、女子高生の静香、さくら花店の常連客のひとりだ。

美しく奔放な妹の誕生日祝いに白い百合を買うため、幼馴染と一緒にやってきた。

翌々日、静香の家に百合を配達した雪乃は、帰り際、花に呼び止められる・・・・・・。

 

‹‹あの花が妹さんをよろこばせてくれるといいけれど・・・雪乃はそう思い、速水家から立ち去ろうとする。しかし、踵を返したところで囁く声が耳に届いた。

・・・・・・彼女を助けて・・・・・・助けて・・・・・・助けてあげて・・・・・・

雪乃ははっと振り返る。玄関の傍、小さな花壇に小ぢんまりとした花が植えられていた。黒褐色の花びらを抱く珍しいその姿。

「黒百合・・・・・・」

めったに見ないその花に、雪乃は瞠目した。黒百合の花が、雪乃に訴えているのだ。

「彼女というのは、誰のことでしょう? 速水静香さん?」

・・・・・・悩んでるの・・・・・・苦しんでるの・・・・・・››

 

雪乃は黒百合のただならぬ様子を見て嫌な予感を抱く。

 

花に求められれば危険もかえりみず走り出してしまう雪乃。

渋々ながらも、それを見守りフォローする、人嫌いでぶっきらぼうな樹木医の将吾郎。

そして雪乃と同じ能力を持つ、悩める少年ヒロ。

風変わりな夫婦と居候が、植物にまつわる事件と心の闇を解き明かす!

 

「毒物図鑑」のタイトルどおり、人には言えない「毒」が散りばめられた作品。

「毒」を抱えた人たちのエピソードが気になってページをめくる手が止まらないのは、人間誰しも、人と違う歪なものを抱えているから。

ちょっと〝ズレ〟てるキャラクターたちの一挙手一投足から目が離せない!

作家活動の傍ら生花店を営む著者が贈る、優しくて怖い花物語第2弾!!

 

小学館文庫

『さくら花店 毒物図鑑 夏の悪夢』

著/宮野美嘉  イラスト/上条 衿

 

★こちらもオススメ!

【第1回】ドラマ放送直前! 池井戸潤の大人気シリーズ、待望の最新刊『下町ロケット ヤタガラス』第1章[1]を無料公開中!

女子高生作家が世間の常識を覆す!欅坂46・平手友梨奈の初主演映画をノベライズ!『小説 響 HIBIKI』

『鬼嵐』……それは嵐のようにヒトの内臓を破壊する殺人ウイルス!

乙一による伝説の映画ノベライズ、ついに文庫化!『花とアリス殺人事件』

紅茶で謎解き!?イギリス全寮制男子校物語『英国紅茶予言師 古城の悪魔』

関連リンク