お知らせ

2017.3.3

ツラい「花粉症」に苦しむあなたの"救世主"になるかもしれない5冊!!

キーワード: ヘルスケア グルメ ファミリー

ツラい「花粉症」に苦しむあなたの"救世主"になるかもしれない5冊!!

毎年恒例の花粉症シーズン到来!

そろそろどうにかならないの?

 

ムズムズ、ハクション、ズルズル・・・

今年もスギ花粉が飛びはじめ、花粉症がピークを迎えています。

国民の3人に1人が罹患しているといわれる花粉症。

スギの伐採促進のニュースが度々報じられていますが、

状況は変わらず、花粉の飛散量は20年前の2~5倍となり、

花粉症や花粉症の家族をもつ人たちにとっては深刻な状況です。

国の年間医療費の負担、外食・レジャーなど個人消費の落ち込み

などによる経済的損失も大きいといわれています。

 

こんなに花粉症が増えた原因はなんなのか?

ツラい花粉症から脱出する方法は?

ドクターが伝授するアレルギー体質脱出法から、

医師のサーファーが編み出した脱花粉症生活、

ブームの米こうじを使った腸内環境改善レシピなど、

花粉症シーズンに読みたい5冊をピックアップ!!

 

1.女性ドクターが伝授するアレルギー体質脱出法!

つらいアレルギーが治る本』

監/対馬ルリ子ほか

3人にひとりが花粉症、こんなに増えた原因は?

アレルギーによるつらい症状を今すぐ治す応急処置は?

アレルギー体質そのものから脱出するには?

大人の女性のアレルギーは、女性ホルモン、脳&神経系、

免疫のバランスが崩れることでひどくなります。

だからこそ、アレルギー脱出の答えは毎日の生活のなかに!

本書では食事、入浴、洗顔、サプリ、アロマなど

さまざまな方向からアレルギー体質改善の具体策を紹介します!

 

2.アレルギー体質だった著者が導き出した脱花粉症生活!

『サーファーに花粉症はいない』

著/斎藤糧三 

著者の医師・斎藤糧三先生が

「ビタミンDの欠乏が花粉症をはじめとする現代病に大きく関わっている!」

との立ち位置から、その予防と改善策を説く一冊。

本来、ビタミンDは日光浴をすることで自己生成できますが、

日焼けを嫌う傾向が強い現代人には不足しているのが現状です。

著者自身が、アレルギー持ちだった経験がありビタミンDの自己投与によって、

薬物治療を凌駕する花粉症、慢性鼻炎の根本治療を見出した経験をまとめた本書は、

きっと花粉症をはじめとするアレルギーにお悩みの人の一助となることでしょう。

 

3.甘酒をおいしく食べて、腸内環境改善!

『こうじ甘酒レシピ 作りおき』

著/伏木暢顕

いま、米こうじからつくられる「こうじ甘酒」が

スーパーフードとして注目を集めています。

森永製菓などの市販商品の市場規模は117億円(2015年10月~2016年9月)と

この4年間で3倍近くに拡大! そんな大ブームの「こうじ甘酒」と同じく

人気沸騰中の"作りおき"をうまくミックスしたのが本書。

甘酒は美容にも力を発揮! 甘酒最大の効能といわれる腸内環境改善で、

花粉症、肌トラブル、便秘、生理不順などさまざまな体の不調を整えましょう。

 

4.アトピー、新型インフルエンザ、HIVも撃墜する夢の抗体発見秘話

『ダチョウの卵で、花粉症患者を救います!』

著/塚本康浩 

ダチョウ博士の抗体開発物語。人類を救う、新たな「ダチョウパワー」を追います。

新型インフルエンザが猛威をふるった2009年、

ダチョウ抗体入りマスクが空前のヒットとなり、

一躍注目されたダチョウの卵。

2012年には、花粉症を防ぐ抗体が出来て、

春の花粉の飛翔時期に大変な話題となりました。

京都府立大学・塚本康浩博士の研究とダチョウ抗体の驚異の力を一冊に。

 

5. 花粉症の時期にも、手作りマスクで、明るく楽しく!

『かわいいマスクがいっぱい! かんたん手づくりマスク』

著/アズマカナコ 

ただの白いマスクではつまらない、使い捨てマスクがなんだかもったいない、

という人のために、かわいい柄ものや、ワンポイントのデコグッズ、

消しゴムはんこなど、遊び心いっぱいのマスクの作り方とアイデアを紹介した一冊。

かんたんに作れる小物なので、手芸が苦手という方でも、気軽に楽しめます。

うっとうしがって、マスクをすぐにはずしてしまうお子さんも、

ママの手づくりマスクなら、喜んでかけてくれるかもしれません。

 

★こちらもオススメ!

@DIME SPECIAL「2017版花粉症卒業マニュアル」

子どもは大人以上にたくさんの栄養素が必要です! 『「健康おやつ」で子どもに免疫力を育む!』

ラーメン+氷水は絶対にダメ! でも○○を飲めば・・・"ダイエット敗北者"に贈るレスキュー本『コンビニで買える「やせるサプリ」「若返りサプリ」』

小林麻央さん、北斗晶さんが続けた乳がん治療のリスク、女は強しがアダとなる。『世界一ラクな「がん治療」』

 

関連リンク