お知らせ

2016.12.1

小林麻央さん、北斗晶さんが続けた乳がん治療のリスク、女は強しがアダとなる。『世界一ラクな「がん治療」』

キーワード: ヘルスケア

小林麻央さん、北斗晶さんが続けた乳がん治療のリスク、女は強しがアダとなる。『世界一ラクな「がん治療」』

現在のがん治療に

異を唱えるふたりの医師が

激論をたたかわす!

 

‹‹麻央さんは

抗がん剤治療を長期間、

続けることになって

大変つらかったと思う››

 

40年間がん治療の現場にたずさわり、

「十人十色のがんの、

それぞれの症状に応じて、

きめこまかく対処法を考えてきた」

がん放置療法の近藤誠医師は、

現在の安易な手術や

抗がん剤治療に異を唱え続けています。

それは市川海老蔵さん夫人

小林麻央さんの乳がん治療についても。

 

本書では、がん放置療法の近藤医師と、

「自宅で最期まで幸せに生き抜くお手伝い」を

日々続ける在宅緩和ケアの萬田緑平医師が、

『世界一ラクな「がん治療」』とは何か?

身近な有名人の例などもまじえて、

がん治療の実態を語りつくします!

 

抗がん剤治療は勝ち目のない戦い。

延命効果もあやしい。

 

近藤医師は、

むやみに臓器を切り取ったり、

抗がん剤を使ったりするから、

やせ細って苦しみぬいて、

死ななければならない、

といいます。

 

以前は外科医として、

手術も抗がん剤治療もしていたという

萬田医師も、いま、

「がんの治療はいっさいしない」

と断言しています。

 

その理由は・・・?

 

‹‹ 萬田  アメリカで、抗がん剤治療をしている

進行がん患者の6~8割が

「抗がん剤でがんが治ると誤解している」

というデータを見たことがあります。

近藤 抗がん剤という名前がまやかしで、

実は固形がん(臓器に塊をつくるがん)

治すどころか、延命効果もあやしいんです。

がんが一時的に小さくなっても、

患者が急死することが多いし。

抗がん剤のほとんどは毒薬指定で、

「この抗がん剤を何クール投与」って

ガイドラインで決められている量を続けると、

健康な人でも半年から1年程度で

半分が死んじゃう。1回でやめても

脱毛や手足のしびれ、

味覚のマヒが一生続いたり。

副作用も、ひとつの抗がん剤で

100を超えるのもあるんだから。

萬田 抗がん剤治療は戦争です。

敵=がんが勝つか、

味方=体が勝つかの戦い。

自分はやられずに相手だけ殺そうなんて、

そんなに都合よくはいかない。

勝つ(命が長くなる)チャンスもあれば、

負ける(命を削る)リスクもある戦いなのを、

よく理解して戦わないと。

近藤 僕は、抗がん剤を打つのは

農薬を飲むのと同じで、

勝ち目のない戦いだと思うなあ››

 

女性が、がん治療の

被害者になりやすい理由

 

ふたりは、女性のほうが

男性より強いからこそ

苛酷な抗がん剤治療の

「医療被害者」になりやすい、

と警鐘をならします。

 

‹‹近藤 女は強し。

でも、治療ではそれがアダになってね。

女性は抗がん剤の毒性にも

副作用にも耐え抜く人が多いから、

何年も治療をされやすいんです

萬田 確かに女性は、

副作用がつらくても音をあげないし。

近藤 だから乳がんの治療でも、

最初の「多剤併用療法

(薬をいろいろ組み合わせる)」が効かないと、

別の抗がん剤に換える「乗り換え治療」が

2次ラインとして始まっちゃった。

萬田 それもパッとしないと

3次ライン、4次ライン・・・・・・。

近藤 乳がんは10次ラインまで引っぱられて、

違う抗がん剤をのべ10種類以上も

打たれることがよくある。

手術したあとも「再発を防ぐために」って、

劇薬であるホルモン剤を何年も飲まされたり››

 

北斗晶さんの乳がんも

全摘する必要はなかった!?

 

近藤医師によると、やたらとがんを

切りたがるのは、医者や病院側の都合であり、

乳房の全摘も必要な人はごくわずかだそうです。

それは、北斗晶さんのケースにもあてはまる?

 

‹‹近藤 女子プロレスラーの北斗晶さんも

「がんと闘う」宣言をして、乳房全摘。

いくつも抗がん剤を打った上に、

放射線治療も「明日から30回の予定。

やりながら様子をみて、

その後に鎖骨とかやるみたい」

ってブログにあった。

僕から見ると、どれも必要ないです。

萬田 近藤先生は、乳がんの乳房温存療法を

日本で初めて提唱されましたね。

近藤 慶應病院時代から、

乳がんだけで1万人以上を診てきました。

「治療しない」患者さんの経過も

最長で25年見て、

世界のデータも見わたして言えるのは、

乳がんの90%は

ほっといても命を奪わない

"がんもどき"だということ。

たとえ残り10%の"本物の乳がん"であっても、

むやみにメスを入れるとがんが暴れるし、

抗がん剤治療は命を縮めるだけ。

放射線は最初のころは勧めていたけど、

転移が出てくるのを予防できないし、

明らかに放射線治療で

発がんした患者さんがいたので、

いまは「必要ない」と言っています。

萬田 それは北斗さんにも言えると。

近藤 そうそう。皮膚に「えくぼ症状」が

見られた北斗さんの乳がんは、

年に数ミリ程度、ゆっくり大きくなるタイプで、

切るなら部分切除で十分でした››

 

もしがんにかかったら、

私たちはどういう治療を選ぶべきか?

不要な手術や薬で苦しまないためにも、

「がん治療」の実態を知って、

患者自身が自衛するしかありません。

がんという病とどう向き合い、

どう生きるかの指針に満ちた一冊です!

 

『世界一ラクな「がん治療」』

著/近藤誠 著/萬田緑平 

関連リンク