お知らせ

2019.10.25

累計80万部の人気アート絵本シリーズに、待望の日本編が登場!『広重の絵本 遠くへてくてく』『北斎の絵本 富士山みえた~!! 』

累計80万部の人気アート絵本シリーズに、待望の日本編が登場!『広重の絵本 遠くへてくてく』『北斎の絵本 富士山みえた~!! 』

絵本ではじめて触れる日本の名画

楽しみながらアートの感性を養う「小学館あーとぶっく」シリーズ

1993年刊行以来、毎年版を重ねる人気シリーズに続編が登場しました。

 

「小学館あーとぶっくシリーズ」は、30年近く、ファミリー世代に愛される子ども向けのアート絵本シリーズです。

既刊「ピカソの絵本」「ゴッホの絵本」など世界の名画版に続き、いよいよ日本が世界に誇る浮世絵師「歌川広重」と「葛飾北斎」の絵本がラインナップに加わります。

著者はアートとの新しいコミュニーションを提案する書籍を多数企画、構成、執筆するアートディレクターの結城昌子さん。

 

「デジタル化による色感の衰え」「美術の授業の減少」など子どもを取りまく環境が厳しくなる中、子どもたちに日本人の感性を育てる機会を与えてあげてください。

 

 

あいさつをしながら、歌川広重の「東海道五十三次」を歩いてみよう!

小学館あーとぶっく

『広重の絵本 遠くへてくてく』

著/結城昌子

広重の代表作「東海道五十三次」を観ながら、日本橋から京都までてくてく歩いていきます。

「おはよう」「いってきます」「ありがとう」「どうぞお先に」などあいさつを交わしながら、川を渡ったり、箱根の山を登ったり・・・。

雨の日も、風の日も、てくてくてくてく。

 

 

さまざまな宿場町(しゅくばまち)が登場します。

今もなじみのある駅名が登場するので、鉄道好きの子どもにもおすすめ!

 

 

富士山とともにすごす江戸の人々の暮らしを葛飾北斎の「冨獄三十六景」で体感!

小学館あーとぶっく

『北斎の絵本 富士山みえた~!! 』

著/結城昌子

北斎の代表作「富嶽三十六景」を観ながら、富士とともに生きる江戸人たちが登場。

お花見、洗濯、田植えなど、当時の暮らしを「さがし絵」感覚で体感します。

 

 

ザッブーン!・・・大きな波しぶきの間から小さく見える富士山。

このあまりに有名な「神奈川沖浪裏」の絵など、日本の子どもたちにぜひ知っておいて欲しい作品をわかりやすく、楽しみながら紹介。

まるで化けもののような大波、極端なまでの遠近感・・・。

北斎のダイナミックな感性を日本のこどもたちに伝え継ぎます。

 

★こちらもオススメ!

遊びながら名画好きになる知育本!『小学館あーと知育ぶっく 名画ここどこ』

魅力や疑問が面白いほどよくわかるようになる、ピカソ入門書!『ピカソ 描かれた恋』

吉田修一の新境地!『アンジュと頭獅王』

なぜ篠山紀信は50年以上、写真の前線で活躍できるのか?『超写真論 篠山紀信 写真力の秘密』

日本史探偵コナン、シーズン2いよいよ開幕!「時の通行証(カードホルダー)」がもらえるプレゼントキャンペーンSTART!!

関連リンク