お知らせ

2019.10.5

なぜ篠山紀信は50年以上、写真の前線で活躍できるのか?『超写真論 篠山紀信 写真力の秘密』

なぜ篠山紀信は50年以上、写真の前線で活躍できるのか?『超写真論 篠山紀信 写真力の秘密』

篠山紀信展「写真力」100万人突破!

「写真を超える写真」の秘密に迫る。

現在、東京ドームシティ「Gallery AaMO」で開催されている「篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN The Last Show」

篠山紀信が「写真の神様が降りてきた」という昭和・平成のスターたちの厳選写真に、令和になってから発表した新作も加えた約100点を、ダイナミックに引き伸ばし、5つのエリア(「GOD」、「STAR」、「SPECTACLE」、「BODY」、「ACCIDENTS」)に分けて展示。

写真の持つ力や可能性をリアルに体感できる本イベントは、2012年にはじまり30か所以上の美術館を巡り、先日ついに累計動員数が100万人を突破しました。

 

「私もびっくり、嬉しい。写真もいろんな見方があり、ライブの感じが写真展の面白さ。会場の広さに合わせて、なるべくご当地の方を入れたり、一つとして同じ展覧会はない。それでこんなに来てくれたのかなと思う」(篠山紀信)

「篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN The Last Show」場内写真

 

本書は、展覧会の企画・プロデュースをつとめた後藤繁雄が、「写真力」の展示構成を軸に、徹底的に「篠山写真」の力の秘密に肉迫した、本格的な篠山写真論です!

篠山紀信は、日本人ならば誰もがその名前を知る写真家。

デビュー以来50年にわたり、常に時代を切り開き、写真の前線・社会の前線で活躍してきた第一人者です。

「激写」からはじまり、ヘアヌード論争を巻き起こした樋口可南子や宮沢りえから、最近のAKB48ディズニーの写真集まで、日本人のなかに刷り込まれてきました。

 

デジタルの波が社会を飲み込み、アートシーンも大きくシフトする中で、「篠山写真」はなぜ消費されず、古くならず、〝常に新しい〟のか。

そして、なぜ80歳を迎えようとしているのに、その勢いはまったく衰えることを知らず、〝エンドレスに活動〟し続けられるのか。

編集者としてアートブック、写真集などを数多く手がけ、京都造形芸術大学で長らくコンテンポラリーアート/現代写真について教鞭をとる著者が、その「写真の力」がどこから来るのかを徹底分析!

 

‹‹篠山紀信への問いは、自問自答のように止まらない。

それは、篠山紀信を語ることが、「写真の力」「写真の本質」「写真の今」について語ることになるからだ。それはエンドレスに続いてく。

 

この本は、篠山紀信を論じながら、写真の力の謎を追いかける。鏡の迷宮への旅になるだろう。››

 

本書の目次は以下の通りです。

 

まえがき 篠山紀信という大きな謎がある

第1「写真は時代を映す鏡だ」と篠山紀信は言う

第2「写真力」展を巡りながら考える

第3「写真力」をめぐる4つの秘密

第4章 逆襲する篠山紀信(写真の再編と再生の季節に)

第5章 東京は写真である

第6章 踊りながら撮り続けろ!!

第7「快楽の館」そして「イノセント」へ

あとがき 対談「写真て、写真さ...」篠山紀信×後藤繁雄

巻末 クロニクルズ+60PHOTOBOOKS GUIDE

 

『超写真論 篠山紀信 写真力の秘密』

著/後藤繁雄

 

【著者プロフィール】

後藤繁雄(ごとう・しげお)

編集者、京都造形芸術大学教授。コンテンポラリーアート、現代写真について2 0 年近く教鞭をとり、若手アーティストの発掘・育成に力を入れる。自著・共著に「アート戦略/コンテンポラリーアート虎の巻」「現代写真アート原論」など多数。また、編集者として坂本龍一、篠山紀信、蜷川実花、名和晃平などのアートブック、写真集も数多く手がけ、同時に自ら主宰する「G/P gallery」を拠点に、150を超す写真展をキュレーション。篠山紀信展「写真力」にあたっては、企画・プロデュースを行なった。

 

★こちらもオススメ!

圧倒的な美を放つアートであり、観るものの肉体的愛、性的愛を刺激する問題作。『LOVE DOLL ✕ SHINOYAMA KISHIN』

玉城ティナ×篠山紀信のヴァージン写真集!『玉城ティナ写真集 ティNa EROス BY KISHIN 』

篠山紀信「プルミエール」スペシャル版!『premiere ラリューシュの館 結城モエ 松井りな 高尾美有』

荒木経惟、森山大道らが輩出。日本の写真史を切りひらいた男の生涯を追う。『写真をアートにした男 石原悦郎とツァイト・フォト・サロン』

父親に捨てられたと思っていたネガと40年ぶりに再会!『三丁目写真館~昭和30年代の人・物・暮らし~』

関連リンク