超写真論

篠山紀信 写真力の秘密

超写真論
定価
本体2900円+税
発売日
判型/頁
A5判/368
ISBN
9784096823057
〈 書籍の内容 〉
篠山の写真の魅力と秘密が初めて明かされる
2012年6月以来、全国30会場以上の美術館で開催された『篠山紀信展 写真力』。これまで90万人余りの入館者で、この秋の東京展で100万人に達することが確実視されている。写真力とは篠山によれば、写真の力が漲った写真であり、唖然とするような尊い写真であるという。この展示構成を軸に、半世紀に渡って時代の最先端で活躍してきた写真家篠山紀信とは、篠山が発表してきた写真とはどのようなものであったのか、について後藤繁雄が解き明かす。
「写真は時代を映す鏡だ」と言い切る篠山紀信に、長く現代アートにかかわってきた後藤繁雄が真っ向から挑み、篠山の写真の謎・魅力・秘密を丁寧に解き明かしていく。『激写』からはじまり、宮沢りえからAKBまで、篠山の写真ほど、日本人のなかに刷り込まれた写真がないにもかかわらず、古びることのない写真の「力」については語られてこなかった。篠山を語ることが、大量の写真を生み出す今を語ることに通じ、日本人論ともなり得る画期的な一冊である。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
9月5日から10月27日まで、東京ドームシティのGallery AaMoにて、『篠山紀信展 写真力』展が開催されます。2012年から始まった同タイトルの写真展がパワーアップして、再び東京に戻ってきます。

あなたにオススメ!

  • 白土三平伝-カムイ伝の真実
  • すべてを失くして 内藤ルネ自…
  • 街場のマンガ論
  • 雪舟の「山水長巻」風景絵巻の…
  • 西洋絵画の歴史 1 ルネサン…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ