お知らせ

2019.5.13

調理時間5分。超絶シンプルな衝撃のレシピ本!『がんサバイバーの毎日ごはん』

調理時間5分。超絶シンプルな衝撃のレシピ本!『がんサバイバーの毎日ごはん』

このレシピなら毎日のごはんを自分で作れる!

この本はおしゃれなレシピ集ではありません。

とことん手間を省いた〝シンプルすぎるレシピ本〟です。

 

料理が苦手な人、自炊したいけど面倒くさい人、やせ形体質の人、食が細い人、忙しくて食事を抜いてしまう人、そして、がんを経験して生きる人(がんサバイバー)」・・・・・・さまざまな理由から「食べること」について悩んでいる人がいます。

きちんと3食摂れないと栄養が欠けて体力が落ち、毎日の食生活を楽しめないと生活のリズムや心のハリも失いがちです。

 

そんな人たちに――――

 

「とにかく、食べてほしい」

 

書名の『毎日ごはん』には、「できるだけ毎日、自分でごはんを作って食べる」ことで、体だけでなく、心も上向きになってほしいという気持ちをこめました。

 

本書が提案するレシピの特徴はこちらになります!

 

◎ 多少の例外はあるものの調理時間の目安は5分。

 

◎ 買い物の手間を省くために、食材は主食を除いて2つ。

 

◎ 食欲不振や吐き気、口内炎や便秘などの困った症状にも、ある程度対応できるように考えました。

 

◎ 料理初心者でも電子レンジなら簡単に扱えますので、調理器具としては電子レンジをフル活用。

 

◎ 食材は缶詰、レトルト食品、冷凍食品などや、コンビニで売っている調理済みのものも使います。

 

これを見て、えっ、体には安全なの? と不安になる方もいるかもしれません。

けれども、いろいろ制限が多すぎると毎日のごはん作りが窮屈になります。

はじめは簡便な市販品を使って料理のヒントをつかみ、そこから少しずつ安全性を意識していけばいいのです。

 

がん専門病院の管理栄養士として日々、がんサバイバーやその家族と接する著者は、〝その後も続く人生〟のスタート地点でもっとも切実な問題は「食べること」だといいます。

 

‹‹現在、国立がん研究センター東病院栄養管理室では、がん治療に伴う症状に悩む患者さんやそのご家族を対象とした「柏の葉料理教室」を定期的に開催しています。高齢のがんサバイバーの方たちのひとりきりの食事、それゆえの栄養不足は、料理教室を続けるなかで気づいた問題点のひとつ。それが、本書を出そうと思ったきっかけでもあります。

 

治療中は食欲もなく食事を面倒に思う日が続くこともあります。ご家族がいれば食事の管理をしてくれますが、ひとり暮らしの場合、「食べなくてもいいや」ということになって、その結果、低栄養でやせてしまうことにもなりかねません。

 

近年、加齢や疾患により筋肉量が減少することで、身体機能が低下してしまう「サルコペニア」が問題視されていますが、きちんと食べて筋肉を落とさないことが、治療を続ける条件のひとつなのです。

 

毎日のごはんこそ、元気の源。1日1食からでもいいので、「食べたい」と思うレシピを選んで作ってみてください。たとえ、ごはんに野菜や缶詰をのせただけのものであっても、「自分の手で作ってみよう」という前向きな気持ちが、食欲だけでなく、あなたの活力をも引き出してくれるように思います。››(著者「おわりに」より)

 

レシピには、国立がん研究センター東病院で10年続く「柏の葉料理教室」からのリアルな声を反映しました。

また、「買い物に行くのが億劫」「決まった時間に食事を摂れない」「洗いものが面倒」など、多くの人がもつ悩みにもズバリ回答!

まったく料理経験のない人でも、きっと一歩踏み出せる!

今までになかったレシピ本です。

 

 

『国立がん研究センター東病院の管理栄養士さんが考えた

がんサバイバーの毎日ごはん』

著/千歳はるか

 

★こちらもオススメ!

実践したカップルが1か月合計18キロやせた!作りおきダイエット決定版『やせるおかず1か月パーフェクトカレンダー』

香港人の健康長寿を支える「温活」ドリンクで〝若さ〟復活!『温まって、おいしい フォンダンウォーター』

「絶対に不可能」といわれた業界の常識を覆した『世界に⼀軒だけのパン屋』

簡単&便利&安心な新しい料理生活を提案します。『切りおき まとめ買いまとめ切りで1日の晩ごはんをセットで保存』

これさえおさえれば、あなたも今日から野菜上手!『野菜のたのしみ~私の野菜料理133~』

関連リンク