お知らせ

2018.5.3

辛くて泣きそうな日はご来店ください。『鴨川食堂はんなり』

辛くて泣きそうな日はご来店ください。『鴨川食堂はんなり』

インスタに上げるのも忘れるほどの、今すぐ食べたくなる料理が待っています!

連続ドラマ化もされた美味しいミステリー最新作第五弾!

京都・東本願寺近くに〝思い出の味〟を探してくれる食堂があるという。

父の鴨川流は料理人、娘のこいしは鴨川探偵事務所所長。

今日も鴨川食堂には、思い出の味を求めてワケアリのお客がやってきた。

 

第一話 親子丼・・・・・・元彼の忘れられない行動

「黒沢紗香さん。京都の親子丼を探してはるんですね。三年前にお店で食べはった。お店の場所も名前も分からへん。まぁ覚えてはったら、わざわざこないしてうちに頼まんでもええんやし」

 

第二話 焼売・・・・・・息子への嘘と後悔

「息子さんがアルバイトしてはった、京都の中華料理屋さんが作ってた焼売。大ぶりではごたえあり、と。ヒントはそれくらいかなぁ」

 

第三話 きつねうどん・・・・・・死神みたいな人生

「甘い味がついた油揚げが入った、ふつうのきつねうどんやったが、出汁がなんともいえんええ味付けで。腹が減ってたせいもあるけど、三人とも汁の一滴も残さんとさらえた」

 

第四話 おでん・・・・・・かけ違えた心のボタン

「仕事が終わって、屋台のおでん屋さんへ行って大根のおでんを食べる。それをずっと続けてはったさかい、家では晩ごはんを食べはらへんかった。それを何十年も続ける。なんやしっくりきやへんなぁ。仮にその店のおでんが飛びきり美味しいて、口に合うたとしても、そんな通い続けるもんやろか。なんかほかに理由がなかったら続かへんのと違います?」

 

第五話 芋煮・・・・・・・山中で出会った救いの神

「代金もさることながら、命の恩人といってもいいおばあちゃんにもう一度会いたくて、翌年の雪融けを待って啓介とふたりで月山に行きました。ところがその辺りには食堂どころか、家の一軒も建っていないんです」

 

第六話 ハヤシライス・・・避暑地の閑かなロマンス

「主人のときは長患いだったから、精いっぱい看病しましたし、自分で言うのも何だけど、尽くし切ったという達成感みたいなものもあった。でも、次郎さんに対してはなんだか悔いが残るのよ。告白してくださったことにも、一緒にハヤシライスを完成させようとおっしゃったことにも、何ひとつお応えできないまま、こんな結末を迎えてしまった。だから・・・・・・」

 

相談に来たお客に供される食堂とは思えないおまかせ料理+思い出の一食からなる人情劇×謎解きミステリー。

盛りだくさんなメニューを鴨川流・こいし親子が見事に捜し出します。

優しさも特盛!

思い出の一食が体中にしみわたったとき、心の靄が晴れて、新たな一歩を踏み出せるように!

辛くて泣き出しそうな日は、ぜひご来店ください。

 

小学館文庫

『鴨川食堂はんなり』

著/柏井壽

 

★こちらもオススメ!

心もお腹も温まる。「鴨川食堂」、連続ドラマ化!

「人はなぜ〝美〟を追い求めるのか」。カリスマ料理家・辰巳芳子93歳〝美〟と〝いのち〟のヴィジュアル名言集。『辰巳芳子のことば 美といのちのために』

「カレースター」が脱サラして、誰も知らない日本のカレーライスのルーツを探る旅へ!『幻の黒船カレーを追え』

日本を代表する国民的"食"コミック「深夜食堂」が世界中で大ブレイク!『続・深夜食堂』

1冊まるごと、見たことも聞いたこともないごちそうがずらり! 『倉敷・平翠軒のごちそう宝箱』

関連リンク