お知らせ

2018.10.27

文学界騒然の中学生作家待望の第2弾小説!『14歳、明日の時間割』

文学界騒然の中学生作家待望の第2弾小説!『14歳、明日の時間割』

現役中学生作家がまっすぐに問いかける「生きる」ということ

2017年10月、鈴木るりかさん14歳の誕生日に刊行したデビュー作「さよなら、田中さん」。

新人小説家のデビュー作としては異例の10万部を突破し、大ヒットベストセラー小説になりました!!

道尾秀介さんからは「書いた人の年齢なんて関係ない。面白いものは面白い。読めてよかった」。

俵万智さんからは「素晴らしすぎる。私たちが同時代に鈴木るりかという作家を得たこと。これは事件だし僥倖だし大きな希望なのです」など。

各方面から絶賛のコメント多数。

 

そして、いよいよ世間を騒然とさせた現役中学生作家の、第二弾書き下ろし小説登場です。

 

「さよなら、田中さん」の続編希望の声が多い中、「これだけ、と思われたくないのでまったく違う作品を書きます」と始まった挑戦。

何度もハードルの高い宿題、改稿を乗り越えたあげく、彼女でしか書き得ない、珠玉の短編集が誕生しました。

 

今回の舞台は、中学校。

短編小説を学校の時間割に見立て、7つの物語が展開されます。

 

<1時間目 国語>

短編小説が入賞。

作家となった少女への国語の先生のお願いとは。

半分は私小説を思わせる作品。

 

<2時間目 家庭科>

家庭科を得意とする少年が抱える事情と、見守る少女の想い。

思わずキュン涙必至です。

 

<3時間目 数学>

都会への転校を前に、孤独感に苛まれる少年の再生物語。

少年の孤独と不安を癒やしたのは・・・・・・。

 

<4時間目 道徳>

ダメな大人たちに囲まれた少年のピュアな成長ダイアリー。

中学生目線の鋭い大人描写が胸に迫ります。

 

<昼休み>

孤独な少女の心の葛藤と青春。

ヒリヒリした中学生ならではの複雑な感情に、誰もが共感を覚える一編。

 

<5・6時間目 体育>

体育が大の苦手な少女が決意した大きな挑戦と努力。

彼女の周りの人々の生き様と「生きる」ことへの希望。

 

<放課後>

夢を持ち続ける大人、先生の苦悩とリアルな心情。

大人はいつまで夢をみていいのか。

 

ますます進化!

ますます面白い!

全7編の短編で、鮮やかに現代人の苦悩、笑い、絆、友情、想いを生き生きと描写。

現代中学生の目を通して「生きる」ということについて大いに考えさせられます。

全世代、泣いて笑える、まっすぐに胸に迫る青春群像小説です。

装画は大人気の矢部太郎さん(カラテカ)。

 

☆ 鈴木るりかさん本人からコメントが届いています。

 

大人たちは「学校の勉強なんて社会に出たら何の役にも立たない」という反面「学校で習ったことはやはり大事。考える基礎になる」「もっと勉強をしておけばよかった」とも言う。

その真っ只中にいる私たちは・・・。

やっぱり勉強なんて好きじゃないし、やりたくない。

でもそれはテストや課題や、勉強させられるのが嫌なのであって、教科そのものって意外に面白い、のかも?

今作は、そんな「教科」をテーマにした連作短篇集で、舞台となっているのは中学校。

けれど子供のためだけに書いたのではありません。

アフタースクール、卒業して何十年の大人のかたにも、かつての自分が確かに過ごした日々のかけら、匂いを、感じていただけたら嬉しいです

青春期、その一歩手前の季節の焦燥と孤独と不安と、一瞬のきらめきと憧憬。

これからそんなシーズンを迎える人、今まさにその中にいる人、既にその時を過ごされた人たちの心に届きますように・・・。

よろしくお願いします。

 

<2時間目 家庭科>を全文掲載した本書特設サイトはこちら▶▶▶https://www.shogakukan.co.jp/pr/rurika/

 

『14歳、明日の時間割』

著/鈴木るりか

 

★こちらもオススメ!

中学生作家・鈴木るりかの未来に、あさのあつこ、石田衣良、西原理恵子が太鼓判!『さよなら、田中さん』

大人気キャラ「コウペンちゃん」が小説になりました!『おはなし!コウペンちゃん きみに会いにきたよ』

人気シリーズ「下町ロケット」最新刊! ついに激突!!「宇宙から大地」編、クライマックスへ── 池井戸潤『下町ロケット ヤタガラス』

女子高生作家が世間の常識を覆す!欅坂46・平手友梨奈の初主演映画をノベライズ!『小説 響 HIBIKI』

最果タヒが贈る日本語の可能性を広げる新詩集『天国と、とてつもない暇』

関連リンク