お知らせ

2018.7.26

筋量・骨量が増える!死ぬまで自分の足で歩くために『本当に必要な「ゆるスクワット」と「かかと落とし」』

筋量・骨量が増える!死ぬまで自分の足で歩くために『本当に必要な「ゆるスクワット」と「かかと落とし」』

平均寿命と健康寿命に差がありすぎるのが、日本の問題点

厚生労働省から毎年発表される、「平均寿命」と「健康寿命」に、10年前後の差があることをご存じですか?

この数字の差は、寝たきりなど第三者のサポートを必要とする期間が、およそ10年近くもあるということです。

「要支援者」になったおもな理由として以下のデータがあります。

 

1位:関節疾患17.2

2位:高齢による衰弱16.2

3位:骨折・転倒15.2

 

つまり、筋肉・骨・関節の衰えが寝たきりに直結するのです。

その対策として、今、注目されているのが――――

 

筋肉には「ゆるスクワット」!

骨には「かかと落とし」!

 

筋トレをする目的はさまざまですが、50歳を過ぎると健康を意識せざるを得なくなってきます。

というのも、筋肉は30代をピークに減り始め、40代になるとさらに加速、65歳以上になると、年間で約1~2%減少するといわれているのです。

部位別にみると、男女とも上肢や体幹部よりも下肢の筋肉量が減少していきます。

下半身の筋量を増やすために「スクワット」がフォーカスされているのは、これが理由です。

けれども、スクワットのやりすぎで、膝や筋肉を傷めることが多いのも事実。

骨粗しょう症のエキスパートである著者・中村幸男先生は、安心で続けやすい「ゆるスクワット」を推奨しています。

基本形は椅子を使って行うので、筋力に自信がなくても大丈夫!

立つことができれば、誰でも衰えやすい下半身を鍛えることができます。

 

ただ、年齢とともに衰えていく体のケアは、筋肉だけでは足りません。

黒柳徹子さんや研ナオコさんの例をみても、スクワットをしていたのに骨折してしまうことが・・・。

骨密度を上げる「骨ケア」も大事なのです。

骨は負荷をかけると強くなります。

そこで、中村先生は「かかと落とし」を考案!

骨折しやすい脚のつけ根に衝撃を与えることで、骨量を増やすことができます。

さらには、骨を壊すホルモンが減る効果も!

 

日常の合間に、「ゆるスクワット」と「かかと落とし」!

このふたつをちょっとやるだけで筋量と骨量が増える!

ずっと元気に活動できる、楽しい人生のために、ぜひ本書を手に取って続けてみてください!

 

<目次>

はじめに 筋肉量と骨量、両方増やさないと足腰は若返りません!

第1章 やってみよう!「ゆるスクワット」

第2章 「ゆるスクワット」はなぜ、効率よく筋肉量を増やせるのか

第3章 やってみよう!「かかと落とし」

第4章 「かかと落とし」はなぜ、骨量を増やせるのか

第5章 筋肉量と骨量を増やすために摂るべき食材は?

 

『骨と筋肉、どっちも大事。ほどよい運動で若返る。

本当に必要な「ゆるスクワット」と「かかと落とし」』

著/中村幸男

 

★こちらもオススメ!

寝苦しい夜もぐっすり。眠りの天才のび太の睡眠テクを公開!『DIME 9月号』

手ぶらでジャンプするだけの〝痩せメソッド〟が凄い!『1日2分! その場で 跳ぶだけダイエット』

巷で流行のダイエット法が逆効果!? 9つの体質別に判定する『あなたが「やってはいけない」ダイエット』はこれだ!!

今度の〝やせおか〟はインスタ映えにもこだわりました!『冷凍からのレンチン! やせるおかず 作りおき 保存期間1か月、食べる直前にチンするだけ』

ラーメン+氷水は絶対にダメ! でも○○を飲めば・・・"ダイエット敗北者"に贈るレスキュー本『コンビニで買える「やせるサプリ」「若返りサプリ」』

関連リンク