お知らせ

2018.6.3

なぜ私たちがリストラに!? 崖っぷち社員たちが会社の闇を暴く!『ギロチンハウス 課長 榊江梨子の逆襲』

なぜ私たちがリストラに!? 崖っぷち社員たちが会社の闇を暴く!『ギロチンハウス 課長 榊江梨子の逆襲』

痛快!! リストラ・リベンジ・ミステリ

崖っぷち社員たちの人生をかけた闘いが始まった。リストラ社員が会社の闇を暴く痛快ミステリ

大手精密機器会社・京都クルミ製作所の中庭には、15メートル四方ほどのプレハブ小屋がある。

公式名称は「セカンドキャリア戦略室」だが、皆からは社員のクビを切るためにつくられた「ギロチンハウス」と呼ばれている。

社員の墓場だ。

 

‹‹──ギロチンハウス。

皆はそう呼ぶ。公式な名称は「セカンドキャリア戦略室」。しかし、その実態は、社員の首を切るための「追い出し部屋」ならぬ「追い出し小屋」だ。

つまり「ギロチンハウス」。

5年前に第一次の大幅なリストラが行われたとき、ギロチンハウスは開業した。しかし、その後も経営は立て直せず、二ヶ月ほど前から第二次のリストラが始まっている。

あそこに押し込められた社員は、ときが経つにつれて、目は虚ろに、動きは緩慢になり、やがて生きる屍のようになっていく。

──私があそこに・・・・・・?

全身から血の気が引いた。

しかしすぐに、いくらなんでも──、と思い直した。

──これまで、社内の誰にも文句を言わせないぐらいの実績を上げてきた。こんなことぐらいでリストラなどされるはずがない。

「冗談じゃない」

 こみ上げる怒りを抑えるために、江梨子は、両手の拳を固く握りしめた。››

(プロローグより)

 

経営企画部第二課課長・榊江梨子・42歳。

営業一課課長代理・下島裕二・52歳。

総務部五係係長・勝見亮・30歳。

この3人の名前はわずか1週間前までクビ切りリストの中になかったが、なぜか最終段階でリスト入りになった。

彼らがギロチンハウスに入居してから2週間後、リストラを断行した人事部の特命係長・西村麻里が何者かに襲われた。

3人がこの事件を調べていくと、徐々に会社の闇が明らかに。

社内不倫、不正経理、派閥争い、盗聴、裏切り・・・・・・。

3人を陥れたのは誰なのか?

崖っぷち社員たちの人生をかけた闘いが始まった。

第69回日本推理作家協会賞短編部門受賞後、初めての書き下ろし!

わかりやすいキャラクター設定&テンポよく進んでいくストーリー展開が魅力の、痛快!! リストラ・リベンジ・ミステリ小説です。

衝撃のラストまでノンストップ! イッキ読み必至!!

 

『ギロチンハウス

課長 榊江梨子の逆襲』

著/大石直紀

 

★こちらもオススメ!

京都の魔界の闇に人妻料理人が迫るミステリ!『ビストロ青猫謎解きレシピ 魔界編』

近所の"迷惑オバサン"と仁義なきバトル、わが子もイジメに。30代パート主婦の闘争心に火がついた! 山本甲士『つめ』

極貧シングルマザー×逮捕寸前のIT長者が英国縦断の旅に出るドタバタ劇!『ワン・プラス・ワン』

不倫、恫喝、逆ギレ、云々(でんでん?)未曾有(みぞうゆう?)、無教養?政治家にも資格試験を!『国会議員基礎テスト』

じつはアナタ! 会社で嫌われています。だけど、こうすれば簡単に・・・『営繕さんの幸せドリル あなたのそばにもいる会社の“神さま"』

 

関連リンク