お知らせ

2017.12.22

俵万智さん、道尾秀介さん、鈴木福さん・・・著名人や読者、書店員さんも絶賛!『さよなら、田中さん』発売たちまち異例の大増刷!

キーワード: 小説 重版

俵万智さん、道尾秀介さん、鈴木福さん・・・著名人や読者、書店員さんも絶賛!『さよなら、田中さん』発売たちまち異例の大増刷!

12月20日放映の「ノンストップ!」(フジ系)で大ブレイク! 話題の中学生作家・鈴木るりかのデ​ビュー作!

もう読みましたか? 話題沸騰中の『さよなら、田中さん』。

著者は、2003年生まれ、中学2年生の鈴木るりかさん。

小学館が主催する「12歳の文学賞」史上初3年連続大賞を受賞し、この秋、『さよなら、田中さん』をひっさげてデビュー!

これまでに100 近いメディアで取り上げられ、品切れ書店続出!!

発売たちまち重版をかさね、4万部を突破しました! まだ読まれてない方は、書店へ!!

 

読者や書店員、著名人も大絶賛!

あさのあつこ(作家)

「作家に年齢は関係ない。

どれだけ魅力的な物語が書けるかだ。この本が証明してくれた」

俵万智さん(歌人)

「素晴らしすぎる。私たちが、同時代に鈴木るりかという作家を得たこと。これは事件だし僥倖だし大きな希望なのです」

石田衣良(作家)

「ここにいるのは早熟な中学生ではなく、作家の目をもつひとりの表現者だ」

道尾秀介さん(作家)

「書いた人の年齢なんて関係ない。面白いものは面白い。読めてよかった」

鈴木福さん(俳優)

「同じ中学生が書いたとは思えない! ひとつひとつの言葉に驚かされました」

 

そのほかにも、大人の読者から〝驚き〟と〝新しい小説の誕生〟を思わせるコメントが続々と寄せられています。

「間違いなく今年のベストワン」

「本当に凄い。続編を早く読みたい」

「なぜこれほど〝おとな心〟〝おとこ心〟がわかるのだろう」

「登場人物たちが活き活きと動き出す」

「子どものころに感じ、忘れていたことが言語化されてる!」

「中学生ならではの目線が新鮮」

 

とくに子どもの視点からみた〝中学受験〟をめぐる表現は、子をもつ親たちに一石を投じているようです。

この冬休みに、親子で読みたい1冊です!

 

連作短編のうちの1編、「さよなら、田中さん」の全文を掲載しているサイトを設けておりますので、ぜひご覧ください。

 

『さよなら、田中さん』

著/鈴木るりか

 

【著者プロフィール】鈴木るりか

2003 年10 月17 日東京都生まれ。都内の私立女子中学校2年在学中。史上初、小学4年、5年、6年生の時(2013~15)、3年連続で「12歳の文学賞」大賞を受賞。小説を書くようになったきっかけは、副賞の図書カードで「ちゃお」を一生分買いたかったから。将来の夢は、多くの人の心に光を残せる小説家になりたい。

関連リンク