お知らせ

2017.8.30

「幸せって何?」を教えてくれる四文字の言葉をあなたに贈ります。迷いが晴れる「心の授業」『よっぽどの縁ですね』

この記事は掲載から10か月が経過しています。記事中の発売日、イベント日程等には十分ご注意ください。

キーワード: 仏教 修行 大谷徹奘 宗教 講演

「幸せって何?」を教えてくれる四文字の言葉をあなたに贈ります。迷いが晴れる「心の授業」『よっぽどの縁ですね』

年間400講演! 話題の「心の授業」がCD&BOOKに!

あなたは大谷徹奘(てつじょう)の「心の授業」を聞いたことがありますか?

1999年から「心を耕そう」をスローガンに全国を行脚する薬師寺の大谷徹奘執事。

多い年は、一年間に400回以上も講演!

その「心の授業」は、心が折れそうになっている人、人間関係に悩んでいる人、何かに挑戦しようとしている人、一度は失敗したけれども再チャンレンジしようとしている人など、多くの人たちに勇気と希望を与えています。

「心の授業」をきっかけに成功を掴んだ人も続出しているのです。

 

‹‹人間はひとりにひとつづつ心を持っています。

その心の使い方によって、私たちは目の前の世界を幸せにも不幸にも変えることができるんです。››

 

テンポよく展開される「心の授業」では・・・・・・、

「幸せって何?」を教えてくれる四文字の言葉○○○○

悩ましい人間関係の「縁」を受け止める六文字の言葉○○○○○○

迷いや不安の中から悟りを得る三文字の言葉○○○を伝授!!

すると、心がスッと軽くなり、なぜだか元気な気持ちにさせられるのです。

 

‹‹この手を動かせることは自分しかできない。

自分の人生は誰も代わってくれない。

そのときに、たった一回のだれも代われない人生をどう歩くかは、自分としっかりと対話して、自分で決めてください。››

 

活字だけで読んでも元気になれる!

CDで聴いたらもっともっと元気になれる!

口コミで全国に広がっている大谷徹奘執事の「心の授業」をぜひ一度体感してください。

 

●北海道新聞、福島民友新聞、茨城新聞、北國新聞ほか書評掲載

●たちまち重版!

『よっぽどの縁ですね』

著/大谷徹奘

 

★こちらもオススメ!

医者であり僧侶の著書が語る、人を最期に救うのは、医学か? 宗教か? 『いのちの苦しみは消える』

人生が前向きに動き出す、世界的ピアニスト・舘野泉の「心の音」。『絶望している暇はない』

つもりつもった心のアカを『日めくり 一日一禅』で洗い流し、免疫力&やる気&血中幸福度UP!

黒柳徹子、タモリも。永六輔の人生を激変させる“言葉"『大遺言 祖父・永六輔の今を生きる36の言葉』

「旅が困難であればあるほど、深い世界に降りていくことができる」。厳しい自然のなか、大地とともに生きる人びととの出会いを通してとらえた「祈り」とは? 『Kor La -コルラ‐』

関連リンク