お知らせ

2017.6.22

人生が前向きに動き出す、世界的ピアニスト・舘野泉の「心の音」。『絶望している暇はない』

この記事は掲載から10か月が経過しています。記事中の発売日、イベント日程等には十分ご注意ください。

キーワード: ファミリー 健康 脳梗塞 脳溢血

人生が前向きに動き出す、世界的ピアニスト・舘野泉の「心の音」。『絶望している暇はない』

楽しいことを探していれば、嫌なことは近づいてこない。

 「右手を奪われたんじゃない、左手の音楽を与えられたのです」。

80歳を過ぎた今も、現役で世界を飛びまわるプロのピアニスト・舘野泉さん。

これまでに行なった演奏会は3,500回をゆうに超え、今でも一年に50回近く世界各地でコンサートを開いています。

舘野さんは65歳の時、リサイタルの最中に脳溢血で倒れ、右半身の自由を失いました。

それから2年後、劇的な復活を遂げ、「左手のピアニスト」としての新たな人生をスタートさせます!

 

‹‹病に倒れてから1年以上過ぎた頃、久しぶりに顔を合わせた息子のヤンネが、一枚の譜面を無言でピアノの上に置いたんです。イギリスの作曲家ブリッジの「左手のための三つのインプロヴィゼーション」でした。知らない曲ではありません。楽譜を見ていたら急に弾きたくなって、憑かれたように弾いたら、弾けた。左手一本で弾いているのに、音が立ち上がってきた。自分の目の前に、「左手の音楽」という見たこともない新しい世界が開けてきました。自分はこれでまた、変わらず音楽ができる。僕を閉じ込めていた厚い氷が融け、一瞬にして光溢れる世界に戻って来たのです。››

 

左手一本に集中したことで、むしろ音楽の本質が見えてきた、と語る舘野さん。

彼はどんなときも絶望しません。人生初のリハビリが楽しかったとまで言うのです。むしろ、不自由や困難があっても、それは自分の知らないこと――つまり、新しい体験だから面白いのだといいます。

 

‹‹辛くなんかありません。だって、毎日、何かができるようになるから。もちろん、こけたり失敗したりすることも多いですよ。自分でもそれがおかしくて、家内に話すと一緒に笑ってくれた。しばらく経ってから、家内に"リハビリ期間ほど、わが家に笑いが絶えなかった日はなかったわね"と言われました。››

 

なぜ、どんなときも前向きに""を楽しめるのでしょう?

そのヒントは、本書『絶望している暇はない』で舘野さんが奏でる「35の言葉」に隠されています。 

 

「人生のゴール?

 いいえ、人生は通過点です」

 

‹‹人生にゴールなんてありません。人生は常に通過点です。僕は、いつも瞬間を生きている。

僕には人生の理想も夢も、まったくありません。安全運転や楽することを目的にしたくない。伝統や形式は大事かもしれないけれど、それがすべてじゃない。完成形とか理想とか、そういうのも好きじゃない。あるのは"今の自分"だけ。自分がやりたいこと、できることを探して、その方向に向かっていく。››

 

困難に直面したとき、人生に迷ったとき、悲しみに打ちのめされそうなとき、大事なものを失ったとき、「左手のピアニスト」が奏でる35の言葉は、きっとあなたの人生の推進力になるはずです!

 

『絶望している暇はない

「左手のピアニスト」の超前向き思考』

著/舘野泉

 

★こちらもオススメ!

ジブリ、北野映画の名曲を生んだ思考回路のヒミツ『久石譲 音楽する日乗』

入れ歯なし、補聴器なし、物忘れなし。92歳現役日本料理研究家の体を培った『ばぁば 92年目の隠し味』

『九十歳。何がめでたい』著者・佐藤愛子さん、旭日小綬章を受章! コメントは喜びでなく…?

ビジネス書大賞2017「審査員特別賞」受賞! 森 健『小倉昌男 祈りと経営』に絶賛の嵐!!

じつはアナタ! 会社で嫌われています。だけど、こうすれば簡単に・・・『営繕さんの幸せドリル あなたのそばにもいる会社の“神さま"』

関連リンク