お知らせ

2017.6.19

池田エライザさん絶賛! 出版社校正男子とやんちゃなぬいぐるみの切なさMAX友情物語

池田エライザさん絶賛! 出版社校正男子とやんちゃなぬいぐるみの切なさMAX友情物語

"おせっかいやき"で"かまってちゃん"のしゃべるぬいぐるみに夢中♥

――これからは、ぼくがせいたろを守るから。

小さな出版社で校正の仕事をしている森星太朗は、幼い頃に他界した母・文子に作ってもらったコアラのぬいぐるみ・ムッシュを大事にしていた。

ムッシュは母が亡くなったその日にしゃべりだし、以来、星太朗の無二の親友となっていた(もちろん、世間には内緒にして)。

そして、そのまま20年の時が過ぎたある日、しゃっくりが止まらなくなった星太朗に、大きな転機が訪れる。

 

身長はA4サイズで、ずんぐりむっくり、歌うことが大好きなムッシュの十八番は「スーダラ節」。

大人のような、でも、大人でも言わないことを教えてくれる反面、その行動は子どもっぽいところだらけ。

一方の星太朗は引っ込み思案でちょっと奥手。

小学校時代はぬいぐるみ(ムッシュ)をもっていたせいで、いじめられていた。

純情すぎて童貞歴27年、けれども、容姿は悪くない。

高校のときから替えていない丸眼鏡は、最近では一周まわって流行っているし、清潔さには人一倍気を付けている。

パッと見、自由奔放なムッシュに、ふり回される星太朗、という関係だが、ムッシュはムッシュなりに星太朗を気づかい、星太朗はムッシュのことをかけがえのない存在だと感じている。

そんなふたりには、ひみつノートがあった。

「ムッシュのことは、だれにも言ってはならない。(言ったらムッシュはヤミのソシキにつかまって、人体じっけん(コアラだけど)されるだろう)

仰々しい注意書きに続けて、ふたりの夢が箇条書きされている。

そして、ある転機をきっかけにふたりは、この夢を叶えるために動き出す・・・。

 

「かわいい!」「おもしろい!」あらたな愛され系キャラクター誕生!!

"おせっかいやき"で"かまってちゃん"のムッシュに夢中になること間違いナシ。

随所に散りばめられたムッシュのカラオケレパートリーがいい味、出しています。

まじめな青年とやんちゃなぬいぐるみのドタバタ劇。

そして、ラストには思わぬ感動の波が押し寄せ、涙が頬をつたう友情物語です。

 

「愛しい涙がとめどなく溢れた。この本はきっとみんなの宝物」――池田エライザさん(モデル・女優)

 

著者は映画監督、脚本家として活躍する片岡翔、本著が待望の小説デビュー作!!

カバーイラストは、松本大洋氏の描き下ろしです。

 

『さよなら、ムッシュ』 著/片岡  翔

 

【著者プロフィール】

●片岡  翔(かたおか しょう)

1982年、北海道生まれ。2010年、「くらげくん」で「ぴあフィルムフェスティバル」準グランプリを受賞。

同作にて全国各地の映画祭で7つのグランプリを含む14冠を達成。

2014年に初の長編映画「1/11」で商業映画デビュー。

脚本家として、映画「きいろいゾウ」「夏美のホタル」など。

本作が小説家デビュー作となる。

 

★こちらもオススメ!

・事故で失った記憶、酸いも甘いもすべて取り戻したいですか? 『君はレフティ』

大ヒットAIロボ小説はいかが?『ロボット・イン・ザ・ガーデン』

「猫弁」シリーズの著者・大山淳子の昔のあだ名は、相手の本音を引き出す"聞く女"『原之内菊子の憂鬱なインタビュー』

11歳の誕生日に突如、母が「ママは大人を卒業する」宣言・・・双子は大人になることを余儀なくされる。『ハッチとマーロウ』

「作家としてのライバルは、村上春樹」。つぶやきシローの告白(1/2) 『私はいったい、何と闘っているのか』

関連リンク