「信州にある「24時間365日対応」の
本庄病院に勤務していた内科医の栗原一止は、
より良い医師となるため、
信濃大学医学部に入局する。
消化器内科医として勤務する傍ら、
大学院生としての
研究も進めなければならない日々も、
はや2年が過ぎた。
矛盾だらけの大学病院という組織にも
それなりに順応しているつもりであったが、
29歳の膵癌患者の治療方法をめぐり
局内の実権を掌握している
准教授と激しく衝突する---。

舞台は、地域医療支援病院から大学病院へ。
新たな試練に立ち向かう一止。
それを暖かく支えるハルとの間には
小春という新たな家族が加わりました。
「神様のカルテ」新章が始まります。