お知らせ

2021.10.8

新たな伝説がうごめきだす! 世界中で話題の冒険譚『マラマンダー』がついに日本上陸!

キーワード: 冒険 ファンタジー イギリス ベストセラー 映画化 エンタメ

新たな伝説がうごめきだす! 世界中で話題の冒険譚『マラマンダー』がついに日本上陸!

「ハリー・ポッター」のイラストレーターが紡ぐ、胸躍る本格ファンタジー<イアリーの魔物>シリーズ第1巻!

2019年にイギリスで刊行されるやいなや世界20か国で翻訳出版が決定した本格長編ファンタジー!

すでに累計25万部を超える大ブレイクとなっている本書の著者は、あの「ハリー・ポッター」のイラストレーターとして知られるトーマス・テイラー。

本書は日本では<イアリーの魔物>シリーズの第1巻となり、続刊『ガーガンティス』(2021年12月1日ごろ)、『シャドウゴースト』(2022年9月ごろ)の発売も決定している、この秋、最注目の冒険物語です。

映像的な描写で個性的なキャラクターたちが躍動する本作は、映画化も進められています。

 

【あらすじ】

夏はにぎわう観光地、しかし、冬になると濃い霧に包まれ不思議なことが起こる海辺の町イアリー。

魔物がすむという伝説のあるイアリーの海は通称「魔海」とも呼ばれている。

ある日、この町の老舗「魔海ホテル」で忘れもの係をしている少年ハービーのもとへ、自分自身が「忘れもの」だと訴える少女バイオレットが助けを求めて転がりこんでくる。

気が弱いけれど正直者のハービーと、おてんばで賢いバイオレット。

絶妙コンビが町の伝説にまつわる謎と、自分たちの出生の秘密を解いていく。

ハラハラ、ドキドキが止まらない、大冒険の始まり!

 

著者トーマス・テイラーさんから、日本のみなさんへスペシャルメッセージが届いています。

「この本を読めばきっと、魔法のように不思議なイアリーの町で楽しい冒険ができるでしょう。

もちろん、冬にイアリーの町を訪れる場合は注意しなければいけません。日がどんどん短くなり、町の通りじゅうに海の霧がただよっています。夜の海岸にいることになったらなおさら要注意!

でも、ハービーとバイオレット、あと本屋のねこのアーウィンと離れずにくっついていれば、だいじょうぶ。どこにいれば安全か(それからどこでおいしいものを食べられるか)、よーくわかっていますから!

だけど、バイオレットのいるところ、冒険はつきものです。

幸運を祈ります! どうぞ楽しんでください」

 

◎ 本書の英語版紹介動画はこちら▶▶▶https://www.youtube.com/watch?v=rGkhnNLxQ5E&t=68s

 

『イアリーの魔物 1

マラマンダー』

著/トーマス・テイラー 訳/代田亜香子

 

★ こちらもオススメ!

「ピクサー史上最高の結末」を読む。映画『2分の1の魔法』完全ノベライズ&コンプリートガイドも登場!!

 

廃墟になった遊園地で暮らし続ける少女の秘密とは?『迷子の星たちのメリーゴーラウンド』

 

イタリア文学賞の権威「カンピエッロ賞」受賞。多感な少女の〝ひずみ〟を描く『戻ってきた娘』

 

全米図書賞、カーネギー賞受賞作品!『詩人になりたいわたしX』

 

小説で〝ドラ泣き〟!! 日本列島を涙で包んだ3DCG映画は読んでも泣ける!

関連リンク