イアリーの魔物1

マラマンダー

マラマンダー
ためし読み
定価
1760円(税込)
発売日
判型/頁
4-6/352
ISBN
9784092906396

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2021/10/06
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
ホテルの忘れもの係の少年が伝説の謎を解く
 夏はにぎわう観光地、しかし、冬になると濃い霧に包まれ不思議なことが起こる海辺の町イアリー。魔物がすむという伝説のあるイアリーの海は通称「魔海」とも呼ばれている。
 ある冬の日、この町の老舗「魔海ホテル」で忘れもの係をしている少年ハービーのもとへ、自分自身が「忘れもの」だと訴える少女バイオレットが助けを求めて転がりこんでくる。両親に会いたいという切実な願いと、おそろしい魔物マラマンダーの卵伝説が絡まりあい、物語は加速する。

 気が弱いけれど正直者のハービーと、おてんばで賢いバイオレット。
絶妙コンビが町の伝説にまつわる謎と、自分たちの出生の秘密を解いていく冒険ファンタジー「イアリーの魔物」シリーズの第1巻。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
イギリス版『ハリー・ポッター』のイラストを手がけたトーマス・テイラーが紡ぐ本格ファンタジーシリーズ。絵の才能だけでなく、こんな文才があったとは!と世界がおどろいています。
イギリスの児童文学新人賞に選出され、発売されるやいなや10万部越えのブレイクし、20ヶ国以上で翻訳出版も決定。
映像的な描写で個性的なキャラクター達が躍動する本作は、映画化も進められています。
〈 電子版情報 〉
マラマンダー ~イアリーの魔物1~
Jp-e : 092906390000d0000000
ホテルの忘れもの係の少年が伝説の謎を解く。

 夏はにぎわう観光地、しかし、冬になると濃い霧に包まれ不思議なことが起こる海辺の町イアリー。魔物がすむという伝説のあるイアリーの海は通称「魔海」とも呼ばれている。
 ある冬の日、この町の老舗「魔海ホテル」で忘れもの係をしている少年ハービーのもとへ、自分自身が「忘れもの」だと訴える少女バイオレットが助けを求めて転がりこんでくる。両親に会いたいという切実な願いと、おそろしい魔物マラマンダーの卵伝説が絡まりあい、物語は加速する。

 気が弱いけれど正直者のハービーと、おてんばで賢いバイオレット。
絶妙コンビが町の伝説にまつわる謎と、自分たちの出生の秘密を解いていく冒険ファンタジー「イアリーの魔物」シリーズの第1巻。

あなたにオススメ!

  • ガーガンティス
  • ストラヴァガンザ 仮面の都 …
  • 浅草ばけもの甘味祓い ~兼業…
  • ロックウッド除霊探偵局 霊を…
  • デモナータ4幕  BEC
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31