お知らせ

2021.3.4

大ヒット小説『神様のカルテ』が福士蒼汰さん主演でTVドラマ化! 絶賛放送中です!!

キーワード: 小説 医療 エンタメ ドラマ化

大ヒット小説『神様のカルテ』が福士蒼汰さん主演でTVドラマ化! 絶賛放送中です!!

原作4冊を2時間×4話の計8時間に!

シリーズ累計330万部を超えるベストセラー「神様のカルテ」が、福士蒼汰さん主演でドラマ化され、話題を呼んでいます!

このドラマは、夏川草介氏による原作『神様のカルテ』『神様のカルテ2』『神様のカルテ3』『新章 神様のカルテ』計4冊の長編を、2時間×4話の計8時間で映像展開する一大プロジェクトです。

「神様のカルテ」は2度映画化もされており、ドラマでは過酷な医療現場で患者と接する主人公・栗原一止(いちと)をどのように描くのか、生きづらい時代に〝命〟の物語をいかに伝えるのか、新たな〝神カル〟の可能性にワクワクが止まりません。

 

ドラマスペシャル「神様のカルテ」

■ 放送日時

【テレビ東京系(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)】

 第四夜:3月8日(月)夜8時〜夜9時54分

【BSテレ東】

第一夜:3月9日(火)夜8時〜夜9時54分

第二夜:3月16日(火)夜8時〜夜9時54分

第三夜:3月23日(火)夜8時〜夜9時54分

第四夜:3月30日(火)夜6時54分〜夜8時48分

 

 

ドラマ化に合わせシリーズ最新作『新章 神様のカルテ』が文庫化されました!

舞台は、地域医療支援病院から大学病院へ。

 

「青年内科医・栗原一止が、巨大な組織の中で描きだす、ささやかな〝希望〟を、多くの人に届けたいと思う」(著者)

 

栗原一止は、夏目漱石を敬愛する内科医だ。

信州・松本平で「24時間、365日対応」を掲げる本庄病院から信濃大学医学部に入局し、早二年が過ぎた。

消化器内科医として勤務する傍ら、大学院生としての研究も進めなければならない。

そして「引きの栗原」は健在で、患者より医者の数が多いはずの大学病院で相変わらず多忙な日々を送っている。

第四内科第三班の実質的な班長を務めている一止は、正義感に燃える研修医たちに共感しながらもいさめ、矛盾だらけの大学病院という組織にもそれなりに順応しているつもりであった。

しかし、治療行為も万策尽き、最後のひと時を夫と子供とともに自宅で過ごすことを希望する29才の末期膵癌患者をめぐり、局内の実権を握る准教授と衝突してしまう。

内科医・栗原一止を待ち受ける、新たな試練!

 

解説は、小説家の乾石智子さん。

«医療は万能ではない。治療を続けても完治しない病は山ほどある。また、たとえ身体を治しても、患者の心によりそうことができなければ、真に治したことにはならない。『新章 神様のカルテ』は、医療の本質を問い続けていくのだろう。»

 

本編に加えて、特別編「Birthday」も収録。

 

小学館文庫

『新章 神様のカルテ』

著/夏川草介

 

★ こちらもオススメ

夏川草介が民俗学「人の在り方」について問う。『始まりの木』

 

【大増刷!】すべての〝本好き〟に問いかける夏川草介著『本を守ろうとする猫の話』が、本好きに愛されて6刷!

 

医療ミステリーの第一人者が描く「今いてほしいお医者さん」小説。『処方箋のないクリニック』

 

この葬儀場では、奇蹟が起きる。第19回小学館文庫小説賞受賞作!『ほどなく、お別れです』

 

小さな命を救う「特別養子縁組制度」成立の背景に、慟哭のドラマがあった。『赤ちゃんをわが子として育てる方を求む』

関連リンク