お知らせ

2019.8.12

理科系アタマを育てます!『数とコンピューターについて知っておくべき100のこと』

理科系アタマを育てます!『数とコンピューターについて知っておくべき100のこと』

美しく楽しい数学の世界に飛び込むのに最適な入門書!

複雑な情報やデータをイラストで視覚的に伝える「インフォグラフィックス」の手法を使った、入門シリーズ「インフォグラフィックスで学ぶ楽しいサイエンス」。

これまで「科学」「宇宙」「人体」「歴史」を取り上げてきましたが、難解な学術分野とインフォグラフィックスは相性バツグンで、「とてもわかりやすい」と好評をいただいております!

待望のシリーズ第5弾は、〝数とコンピューター〟です。

 

数学と聞くと、複雑な計算や公式の印象が強く、苦手意識を持ってしまいがちですが、本書には公式や計算はほとんど出てきません

不思議で面白い〝数〟の世界と日々進歩を続ける〝コンピューター〟、なにかと話題になる〝暗号〟について、基本的な知識からトリビアまで、100トピックスを厳選し紹介

 

主なトピックスはこちら!

 

◇ 貝殻は数列でできている

◇ 懸賞金がかけられた7つの数学問題がある

◇ 人を月に導いたコンピューターは、現在の電卓より性能が低い

◇ トランプを何年シャッフルしても、同じ並びは2度とできない

◇ 1を無限大で割ると、事実上0になる

◇ 水だけで動くコンピューターがある

◇ 世界でもっとも危ない暗号は・・・・・・ビスケットに隠されている

など

 

計算機のなかった時代、指折り計算で100万まで計算できた話や、コンピューターが作る1600万の色はたった3の組み合わせでしかないことなど、思わずうなる〝数とコンピューター〟にまつわる面白エピソード満載です。

小中学生の入門書としてはもちろん、イラストを眺めているだけで楽しめ、大人でも満足できる一冊です。

 

翻訳/監修は、サイエンス作家でフリースクール「Yes International School」の校長である竹内薫先生。

古代人の時計、生物と数列の関係、人工知能(AI)など不思議で面白い世界にご案内します!

 

『インフォグラフィックスで学ぶ楽しいサイエンス

数とコンピューターについて知っておくべき100のこと』

監・訳/竹内 薫

 

★ こちらもオススメ!

困ったときの「夏休みの自由研究」アイディア集!

見えない瞬間を切り〝撮〟った写真絵本が2019年夏休みの課題図書に!『そうだったのか!しゅんかん図鑑』

宇宙は何色?どんな匂い?アインシュタインもビックリ!『地球一やさしい宇宙の話』

〝[ ]〟〝!?〟←これの名前わかりますか?『マジで!!まじめにアレ何?じてん』

稼げる大人になるにはどうしたらいい?『学校で学べない お金のこと』

関連リンク