お知らせ

2018.5.8

もしもあのとき、別の道に進んでいたら・・・に対するアンサー的長編小説!『めぐるの選択』

もしもあのとき、別の道に進んでいたら・・・に対するアンサー的長編小説!『めぐるの選択』

ある雨の日、3つの異なる選択をした主人公の人生を描く

あの日、公務員試験に向かう途中、雨に降られためぐるには、三つの解決策があった。

 

①駅まで走る

②もう少しここで様子を見る

③今すぐタクシーを拾う

 

その時、小学一年生の秋に、海に釣りに出かけてそのまま行方不明になってしまった、おじいちゃんのことを思い出す。

めぐるは、行方不明になったおじいちゃんのことが、ずっと気に掛かっていた。

そして、そのことを物語にして子供たちに聞かせたいと思っていたのだ。

 

‹‹おじいちゃんもあの日、迷ったんじゃないかと、ふと思った。ボートに乗ったときに、いつもと違って風が強そうだとか、波が高くなりそうな予感がして、ふと迷ったんじゃないか。

その一、それでもボートを出す。

その二、しばらく様子を見る。

その三、ボートに乗るのをやめる。

結局、おじいちゃんは海に出た。

おじいちゃん、どうすればいい?

自分のことは自分で決めないとな。

おじいちゃんの笑顔が浮かんだ。››

 

①②③それぞれの選択をした、めぐるの人生を一章ごとに描く。

「どろ」「かび」「とげ」三部作で〝巻き込まれ型小説〟の境地を拓いた山本甲士の「巡る女」を改題。

もしもあのとき、別の道に進んでいたら・・・私の人生変わっていたかなぁ?

誰もが一度は考える人生の〝最良の選択〟についてのアンサー的長編小説。

読後感はさわやか。

自分の人生、「これでよかったんだ」と思わせてくれます。

 

小学館文庫

『めぐるの選択』

著/山本甲士

 

★こちらもオススメ!

小林稔侍さん大共感! 映画への愛情あふれる小説版「ニュー・シネマ・パラダイス」『運命のひと』

近所の"迷惑オバサン"と仁義なきバトル、わが子もイジメに。30代パート主婦の闘争心に火がついた! 山本甲士『つめ』

逆境に陥った中年サラリーマンの復活物語!『ひなた弁当』

物語を読み進めながら小説の書き方がわかる!『そうだ小説を書こう』

「釣り」を通して、小さな奇跡が訪れる。『あたり 魚信』

関連リンク