お知らせ

2018.3.17

葛西紀明、冬季五輪史上最多出場を可能にした独自のメソッド!『葛西紀明のレジェンド・ストレッチ』

葛西紀明、冬季五輪史上最多出場を可能にした独自のメソッド!『葛西紀明のレジェンド・ストレッチ』

レジェンド・ストレッチで前人未到! 9度目のオリンピックを目ざす!

ノルディックスキー・ジャンプ男子で、45歳の今も世界の第一線で戦う「生きるレジェンド」葛西紀明選手。

平昌五輪では冬季五輪史上最多8回目の出場を果たしました。

これだけでも偉業ですが、彼はさらなるチャレンジを宣言!

「2022年の北京、絶対に出ます!」

北京五輪のときには49歳。

もし出場すれば、前人未到! 9度目のオリンピック出場になります。

これまでも常識を覆してきた葛西選手が、40代を迎えたあたりから、頻繁に聞かれるようになった質問がコレです!

 

「葛西さんが長く現役生活を続けられる秘訣はなんですか?」

 

もちろん、この質問に対してひと言では応えられません。

葛西選手の現役生活は、心技体さまざまな要素から支えられています。

その中でも、彼が年齢を重ねるごとに重要性を実感する要素が

 

〝しなやかで柔らかいカラダ〟

 

10代20代の選手たちに交じっても違和感がないという葛西選手の持論は「肉体のアンチエイジングは、心と頭のアンチエイジングにつながる」ということ。

そんな葛西選手の「老いないカラダ」の秘密は・・・・・・独自のストレッチにありました! 

 

スキージャンパーは、空気抵抗を減らすために、上半身に無駄な筋肉をつけないよう、上半身の筋トレをいっさい行いません。

下半身のトレーニングのみで、「細マッチョ」なカラダをつくっています。

葛西式では、これをストレッチに応用します。

足腰の柔軟性に特化した独自のストレッチで、老いに強い、柔らかくしなやかなカラダを作り上げるのです。

でも、アスリートがやっているストレッチって複雑で時間もかかるんじゃないの? と思っているアナタ、安心してください。

 

葛西選手のストレッチ数はわずか8つ! 時間も各2分!

 

8×2分=16分。

本書で紹介している〝レジェンド・ストレッチ〟は、ふだん運動をしていない人も、忙しい人も、簡単・短時間でできるのが特徴です。

しかも、これは一般用にスケールダウンしたわけではなく、葛西選手と同じもの!

 

「一般の読者の方でも無理なくできるように、僕が普段から行っているストレッチを難易度を下げた内容にアレンジしているわけではありません。実際に僕が毎日取り組んでいるストレッチは、この8種類のみです。せっかくの機会なので、僕が普段からストレッチに取り組む際の心掛けやオリジナルの理論など、すべての要素を公開させてもらいました」

 

付属のDVDでは葛西選手本人が出演し、まるで個人レッスンのように1メソッドずつ丁寧に紹介します。

 

本書とDVDを参考にして、実際に1メソッド2分×8本やってみましたが、どのパートも、とにかくシンプルでわかりやすい!

ストレッチの目的と筋肉解説もあり狙った場所に的確に効かせることができます。

また、DVDでは各ストレッチに必要な時間と残り時間がカウントされるので、みずから時間を測る必要がありません。

 

駅の階段でつまづいた、ひさしぶりに走ったら転んだなど、葛西式ストレッチは、老化の兆候がでてきた方にも最適!

葛西選手の「老いないカラダ」をつくったレジェンド・ストレッチで老化のスパイラルから抜け出し、若さを取り戻してみませんか?

 

『下半身を柔らかくすれば10歳若返る

葛西紀明のレジェンド・ストレッチ』

著/葛西紀明

 

★こちらもオススメ!

宇野昌磨ら人気スケーターの本音が見える一冊!『素顔のフィギュアスケーター』

「お父さんに怒られる」吉田沙保里を霊長類最強に育てた育成術! 『12歳の約束 そして世界の頂点へ』

内村、白井ふたりのメダリストに影響を与えたマンガ『ガンバ! Fly high』

「やせるおかず作りおき」シリーズが、2017年度Amazonランキング、オリコンランキング1位を獲得!最新刊「全部コルスタ!」も大好評!

家康は健康オタクだった!現在までつづく徳川家の健康管理法を伝授!『徳川家に伝わる徳川四百年の裏養生訓』

関連リンク