お知らせ

2017.2.13

禁断の?いえ、切っていいんです! 「だんめん図鑑」は、とってもおもしろユニーク! 日本絵本賞読者賞候補作に!

禁断の?いえ、切っていいんです! 「だんめん図鑑」は、とってもおもしろユニーク! 日本絵本賞読者賞候補作に!

見えない中を見てみると…モノのしくみは美しく面白い!『どうなっているの?だんめん図鑑』は、自然科学系に強くなる写真絵本です。

 

外見と中身は全然違う!? いえいえ、人間でなく“モノ"の話です。

 

 モノには、存在する意味があります。そして、中身がこんな様相なのにも理由があります。

 そこには、あまりの外面とのギャップにあれっと驚かせられるのもあり、アートと言うべき美しい世界が広がっていたり、予想外の材料が使われていたり…。そう、こんな中身なのは、使用方法に合わせての技術が詰まっているからなのです。

 でも、外からは見えません。

 どんな工夫がされているのかわからない。なんと健気なのでしょうか!

 

 そこで、健気な中身たちに、今回はスポットライトを浴びていただきましょう!

 

 ワイドな折りたたみページを開くと、そこは“モノの断面"の世界。まさに、驚きと感嘆の連続です。写真に合わせて、わかりやすく紹介・説明してくれるのは、「断面マン」!

 

 さあ、ものの工夫や仕組みを解明してみよう! モノづくりの知恵を見てみよう! 自然科学系に強くなる子を育てる写真絵本。でも、大人もハマっちゃうこと間違いなし!!

 

 “萌え断"な図鑑です!(ある意味で? いえいえ、直球勝負です!)

 

 パンやサンドイッチ、おにぎらずなどの断面のかわいさにキュンとくる“萌え断"。でも、世の中そんなヤワなものばかりではない!

 精密機械から家電、文房具や遊具など、味わいある切り口をご覧に入れます。

 

『どうなっているの?だんめん図鑑』

断面マン(日本切断研究所):製作・監修

定価:本体1,300円+税 好評増刷!!

本書の内容はこちら

 

 いろいろ書いても、百聞は一見にしかず。断面写真の一部をあなたの目でご確認ください。

 

禁断の…?いえいえ、切っていいんです!

1.見たことなかった内面!!

マトリョーシカの入れ子の構造がわかる。おもしろくて、美しい!

 

2.予想外の断面!?

この2つの写真、何の断面かわかりますか?(答えは最後に)

───思いもよらないものが使用されていたり、まるで芸術作品のようでもあり、見て楽しい!

 

3.全ページが2倍に伸びる、ユニークな造本!

ワイドな折りたたみページを開くと、じっくり観察できる驚きの断面写真があらわれる!

57種の断面で構成します。

 

 

【製作・監修者プロフィール】

断面マン

創業1958年のハンドソー帯鋸刃(おびのこば)メーカーの三代目。東京生まれ。祖父は木材を切り、父は鋼材を切り、当代は新素材を切る。切れないものはないという、切断を極めた第一人者。子どもの頃からものを切ったり、切って中を調べたりするのが大好き。いろいろなものの素材を損ねず、美しく切りたいと切断研究所を設立。日夜研究に励んでいる。テレビ出演も多数。

 

 

このおもしろユニークな「だんめん図鑑」が、第22回日本絵本賞読者賞にエントリーされています。

日本絵本賞の公式サイトはこちら

http://www.dokusyokansoubun.jp/ehon/nominate_books.html

 

 

*切断写真の答え:ゴルフボール、歯ブラシ

 

関連リンク