イベント

2016.12.22

神木隆之介の出演決定! 江國香織と森雪之丞の連弾詩集「扉のかたちをした闇」発売記念朗読会を開催いたします

神木隆之介の出演決定! 江國香織と森雪之丞の連弾詩集「扉のかたちをした闇」発売記念朗読会を開催いたします

 直木賞作家・江國香織と、数々のヒットチューンを生み出してきた、作詞家・森雪之丞がコラボレーションした、詩集『扉のかたちをした闇』が、今月発売となり、いま大きな話題を集めています。1年12ヶ月をテーマにそれぞれが詩を書いたり、江國氏が書いた詩を受けて森氏が詩を書いたり、ゴッホやアンリ・ルソーの名画を見てそれぞれが詩を書いたり。静寂のなかに交わされる言葉たちが、心の中でスパークする、切なくも美しい連弾詩集です。

 そもそもこの詩集が生まれたきっかけは、江國氏と森氏が、「扉のかたちをした闇」というタイトルで、小さな詩の朗読会を重ねてきたことでした。そして、月刊『本の窓』(小学館)のなかで、3年半にわたって、詩を書きためてきました。

 

 この詩集の発売を記念して、1日限りのスペシャルな朗読イベントの開催が決定しました。詩を読むのは、江國香織と森雪之丞に加え、人気若手俳優の神木隆之介が決定。2016年最大のヒット映画「君の名は。」で世界を魅了した神木龍之介は、今回のイベントにあたってこのようにコメントしています。

 「この度、朗読会に参加させて頂くことになりました。僕自身初めての経験なので期待と不安で一杯ですが、雪之丞さんの書かれた想いと、一つ一つの言葉の音を大切に、読みたいと思います。会場でお待ちしています」

 また森氏は「1年前、Act Against AIDSのイヴェントで僕の詩を読んでくれた時、神木君の美しい声は“無垢で静謐な魂の振動"だと知りました。江國さんと連弾で生み出した詩達が、神木君の魂を震わせて、どう響くのか? それは楽しみでしかありません」と、そして江國氏は、「言葉でできていて、普段は本のなかに閉じ込められている詩を、声にして本の外に放つのは、しゃぼん玉をとばすことに似ています。当日、会場が無数のしゃぼん玉でいっぱいになりますように」と語っています。

 当日は、江國氏のパートを読み上げる女性ゲストも登場予定です。

 

 

江國香織×森雪之丞

新作連弾詩集発売記念朗読会

扉のかたちをした闇

日時:2017年1月23日(月) ①17:00開演 ②19:30開演

会場:日本橋三井ホール

 

詳細は、『扉のかたちをした闇』特設サイトをご覧ください。

 

 

 

『扉のかたちをした闇』 著/江國香織×森雪之丞

定価:本体1,600円+税

本書の内容はこちら

本書の特設サイトはこちら

 

 

関連リンク