二度のスペシャルドラマ化で
日本中を熱狂させた「教場」シリーズ
最新作にして最高傑作!

●第1話 硝薬の裁き 益野紳佑の妻才佳は、半年前、車にはねられ亡くなった。
事故の唯一の目撃者は娘の麗馨だった。
警察は幼い麗馨の証言を採用せず、犯人とされた男は不起訴となっていた。

●第2話 妄信の果て 大学四年生の戸守研策は、地元新聞社から内定を得た。
ゼミ論文の単位が取得できれば卒業も確定する。
前途洋々の戸守のもとへ、
担当教授から突然の連絡が入る。

●第3話 橋上の残影 経理事務の仕事をしている篠木瑤子は、
十年前に恋人を自死により失っている。
その死の原因となった男は刑期を終え、
娑婆でのうのうと暮らしていた。

●第4話 孤独の胎衣 短大生の萱場千寿留は
工芸家の浦真幹夫と関係を持ち、妊娠した。
浦真は中絶費用を渡し、海外に旅立ったが、
千寿留は新しい生命の誕生を待ちわびていた。

●第5話 闇中の白霧 名越哲弥は、闇サイト経由で
違法な薬物や商品を仕入れ、莫大な富を得た。
そろそろ足を洗いたいのだが、
相棒の小田島澄葉を説得できずにいた。

●第6話 仏罰の報い 著名な有機化学者である清家総一郎は
実験中の事故で両目に劇薬を浴び、一線を退いた。
隠棲生活を送る清家の悩みの種は、
娘・紗季の夫の素行だった。

いよいよシリーズ100万部へ! 大反響発売中

1969年山形県生まれ。筑波大学卒。2003年「真夏の車輪」で第25回小説推理新人賞を受賞しデビュー。2008年「傍聞き」で第61回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。2013年に刊行した『教場』は週刊文春「2013年ミステリーベスト10」国内部門第1位、「このミステリーがすごい!2014年度版」第2位に輝き、2014年本屋大賞にもノミネートされた。他の著書に『教場2』『線の波紋』『赤い刻印』『時が見下ろす町』『血縁』などがある。