お知らせ

2020.12.1

『あの日、君は何をした』が啓文堂書店「2020文庫大賞」を受賞しました!

『あの日、君は何をした』が啓文堂書店「2020文庫大賞」を受賞しました!

本日、小学館文庫『あの日、君は何をした』が、啓文堂書店の「2020年文庫大賞」を受賞しました。
啓文堂書店は京王線沿線に展開する、全27店舗を抱える書店チェーンです。

啓文堂書店「文庫大賞」は、毎年事前選考を経て選ばれた出版社12社の文庫12作品が、10月1ヵ月間にわたり売り上げ部数を競い、最も売れた作品に授与されます。受賞した本書は、12月1日~1月31日までの2ヵ月間、同書店全店にて大々的な展開が予定されています。

本書は、7月に発売されて以来増刷を重ね、現在5万7000部を突破、勢いが止まりません。「この小説は価値観を一変させる力がある。軽い気持ちで読み進めれば火傷するかもしれない」(内田剛氏/フリー書店員)「まさきとしかは、この1作で間違いなく飛躍する。イヤミスの先頭集団に、躍りでるはずだ」(浅野智哉氏/ライター)など読み巧者の皆様から続々熱い反響が届き、ブックファースト アトレ吉祥寺店、コーチャンフォー ミュンヘン大橋店など、全国主要書店の文庫部門で1位を獲得しています。『完璧な母親』で話題をさらった著者が、家族の愛と闇を描いた渾身の文庫書き下ろし、ミステリー好きなら必読の一冊です。是非お手に取ってご一読ください。

 

小学館文庫 
「あの日、君は何をした」
まさき としか 著
定価:本体720円+税