お知らせ

2019.10.8

【第5回】世界中で読み継がれる名作『風と共に去りぬ』を林真理子が鮮やかにポップに、現代甦らせた!『私はスカーレットⅠ』第1章~第3章を無料公開中!

【第5回】世界中で読み継がれる名作『風と共に去りぬ』を林真理子が鮮やかにポップに、現代甦らせた!『私はスカーレットⅠ』第1章~第3章を無料公開中!

【第5回】

 私は自分の腕をお父さまの腕にからめる。こんな風に恋人のようなしぐさをすると、お父さまがヘナヘナになるのを知っているからだ。

 「ディルシーのことはどうなったの?」

 彼女はお父さまの大切な従僕、ポークと結婚をして娘を一人産んでいる。

 「ああ、買った。とんだ散財だった。ディルシーと娘のプリシーとで三千ドルもしたよ」

 「まあ、三千ドルですって」

 「ジョン・ウィルクスはタダ同然でいいと言ったのだが、そんなことをしたら、わしがジョンの友情につけ込んだようだからな」

 ジョン・ウィルクスは、アシュレの父親だ。まるで性格が違っているのに、お父さまと仲がいい。ああ、奴隷の売買じゃなくて、私の結婚のための話し合いだったら、どんなによかっただろう。

 「プリシーまで買う必要はなかったのよ」

 プリシーならよく知っている。頭の悪い小ずるい娘である。うちに連れてきたって、何の役にも立たないだろう。まさか小間使いをしていた娘を、農作業に使うわけにもいかないし。

 「お父さまがあの子を買った理由はただひとつ。ディルシーに頼まれたんでしょう」

 お父さまはすっかりうろたえてしまった。図星だったからだ。笑ってしまう。

 「だったら何だっていうんだ」

 居直ってきた。

 「ディルシーを買ったところで、わが子恋しさに毎日泣かれたらたまったもんじゃない。全くもう二度とよその奴隷との結婚は認めんぞ。金がかかって仕方ない」

 機嫌が悪いふりをしたお父さまは、私の腕をぐいとひいた。

 「さあ、スカーレット、夕食だ」

 だけど私はぐずぐずしていた。いちばん肝心なことを何も聞いていないのだ。

 「オークス屋敷の皆さんは、元気だった?」

 遠まわしにアシュレのことを尋ねたのだが、お父さまに通じるはずがない。

 「ディルシーの件がまとまった後、ベランダでみんなでラム酒を飲もうということになったんだ。ちょうどアトランタから帰ってきたばかりの客が来ていた。あちらは、戦争がいつ始まるかと大変な騒ぎだそうだ」

 また始まったと、私はため息をつく。お父さまはこの話題が大好きなのだ。このまま続くと、本当に大切なことが聞けなくなってしまう。

 「それよりも、明日のバーベキューパーティーのこと、何か言ってなかった?」

 「そういえば、何か言っていた。えーと、名前をなんと言っただろうか。昨年パーティーに来ていた、あの優しい娘……アシュレの従妹の……おお、そうだ、ミス・メラニー・ハミルトンだ。彼女と兄さんのチャールズがもうアトランタから来ていたぞ」

 「メラニー、やっぱり来ていたの!?」

 心臓が音をたてる。さっきタールトン兄弟が口にした情報、

 「明日のパーティーで、アシュレとメラニーの婚約が発表される」

 が実現に近づいたことになる。

 「ああ、メラニーはしとやかで本当にいい娘さんだ。さあ、早く行こう。母さんが探しに来るぞ」

 私はとてもそんな気分にはなれない。このまま夕食の席につくなんて。そして私は、いちばん肝心なことを口にした。

 「アシュレもいたの?」

 そのとたん、お父さまは腕をふりほどいて私の顔をまっすぐに見た。こういう時、お父さまの目は鋭さを増す。

 「お前はそれを聞きたくて待っていたんだな。だったらどうしてそんなにまわりくどい聞き方をするんだ」

 今度は恥ずかしさで私は泣きたくなる。お父さまにこのことを知られたくなかった。だけど心のどこかで、お父さまに打ち明ければどうにかしてくれるという、甘えた気持ちがあったのも事実だ。アシュレのお父さんと私のお父さまとは、隣り同士でとても仲よしなのだもの。

 昔、お父さまがこのタラにやってきた時、ウィルクス家はもう大きな屋敷を構える名家だった。けれども何の差別もなくお父さまを受け入れてくれたのだ。

 「お前はアシュレにもてあそばれたのか。結婚しよう、とでも言われたのか。え?」

 お父さまは私を睨むように見る。

 「いいえ」

 と私はかぼそい声で答えた。

 「そうだろうな。この先も絶対にあり得んな」

 ひどい、いくらお父さまでもひどい。慰めてくれるかと思ったのに。私はそれが癖の、相手の胸をどんどんと叩こうと手を上げた。しかしお父さまの方がはるかに力が強い。私の手は空でつかまれる。

 「もう何も言うな。さっきジョン・ウィルクスから聞いた。アシュレはメラニーと結婚する。明日発表するそうだ」

 ああ、やっぱりと、私はその場にくずれおちそうになった。十六年生きてきて、これほど衝撃的なつらいことは初めてだった。それなのにお父さまは大声で怒鳴る。私は叱られることは何もしていないのに。

 「まさかお前は、自分が笑い者になるようなことをしていないな。どんな男だって手に入れられるというのに、好きになってもくれない男を追いまわしたりしていないな」

 私はほんの少しだけれど誇りを取り戻すことが出来た。

 「追いまわしてなんかいない。ただ、ちょっと驚いただけ」

 「嘘つくんじゃない」

 お父さまの顔が元に戻った。そして私の顎をいとおしそうにつまむ。

 「お前はまだ子どもなんだ。男の何たるかが何もわかっていない」

 「私は十六よ。子どもなんかじゃない。お母さまがお父さまと結婚した時は十五歳だったじゃないの」

 「お前は母さんとは違う」

 確かにそうだ。お母さまは完璧だ。この大農園の女主人としても母親としてもだ。でも私だって結婚すれば、きっとうまくやってみせる。みんなが考えているような、ただの我儘娘ではない。

 「タールトンの家の息子の、どっちかと結婚しろ」

 突然お父さまが言った。

 「双児だからどっちでも構わないだろう。二つの農園が一緒になったらたいしたもんだ。あそこの父親とわしとで、大きな屋敷を建ててやろう」

 「タールトンの双児なんてまるっきり興味ないわ」

 腹が立ってきた。首を大きく横に振る。

 「家なんか欲しくないし、農場なんて関係ないもの。私はただ……」

 「アシュレと結婚したいんだろ」

 お父さまは微笑んでいた。優しい悲し気な微笑み。

 「だけどアシュレとでは幸せにはなれん」

 「そんなこと、わかんないじゃないのッ」

 「スカーレット、結婚っていうのは、似た者同士がして、初めて幸せになるんだ。わしらとウィルクス家の人たちとは違う」

 「違わないもの」

 「いや、お前だってとうに気づいているはずだ。連中は変わってる。生まれついての変わり者だ。ニューヨークやボストンまで、オペラだの絵を見に行く。オペラなんて、お前知ってるのか。知らないだろう。それからお前が大嫌いな本が、連中は大好物だ。フランスやドイツから本を取り寄せて読みふける。毎日静かに座って、本を読んで夢を見てるんだ。ここらの男が、狩りやポーカーをしている時にね」

 「アシュレだって狩りをするわ。乗馬だって得意よ」

 私は必死だ。お父さまを味方につけようと決めていたから。

 「ああ、あいつは何でも出来る。ポーカーもうまい。しかし心はそこにはないんだ」

 「心がなくてもいい。アシュレは私が変えてみせる。きっと変えてみせるもの」

 「無理だ」

 お父さまは私の腕を自分の腕に再びからめた。

 「お前は泣いてるじゃないか。さあ、現実をちゃんと見つめろ。アシュレをお前は到底理解出来ない。諦めるんだ。代わりに別の男と結婚しろ。そうしたらこの土地は、お前とその男のものになるんだ」

 「私、いらない。土地なんていらないの」

 私はお父さまの腕をふりほどいた。こんな赤っちゃけた土地なんて、私にとって何の価値もない。それなのにお父さまは私に継がせようとしているんだ。

 「お前、本気で言っているのか」

 お父さまの声があまりにも低く静かで、私はいつものように「そうよ」と返すことが出来ない。

 「この世でただひとつ。価値あるものは土地だけなんだ」

 ああ、お父さまは根っからのアイルランド人なんだと思う。

 「いいか忘れるな。土地だけが汗を流す価値があり、戦う価値があるものなんだ」

 お父さまの言葉をもう私は聞いていない。私は決心する。

 アシュレだけが、本当にアシュレだけが、この世でただひとつ戦う価値があるもの。もうお父さまはあてにならない。私は一人で戦う。そして必ず彼を手に入れてみせるのだ。

――続きは下記の小学館文庫をお買い求めください!

小学館文庫 林真理子『私はスカーレットⅠ』好評発売中!

【1】【2】【3】【4】