お知らせ

2019.1.24

極東の小さな国が世界の表舞台に躍り出た!『逆説の日本史24 明治躍進編 帝国憲法と日清開戦の謎』

極東の小さな国が世界の表舞台に躍り出た!『逆説の日本史24 明治躍進編 帝国憲法と日清開戦の謎』

日本はなぜ〝眠れる獅子〟清国に勝てたのか?

『逆説の日本史24 明治躍進編 帝国憲法と日清開戦の謎』では、明治新政府の骨格とも言うべき大日本帝国憲法の制定から、我が国初の国会開設、そして、〝眠れる獅子〟清国との戦争に勝利し台湾統治に至るまでを読み解きます。

 

第一章では、伊藤博文・岩倉具視ら維新生き残りコンビが、憲法制定にあたって対立した大隈重信・福澤諭吉の早慶連合を葬った〝奥の手〟とは何だったのか?

そしてその陰で暗躍した「明治国家形成のグランドデザイナー」井上毅とはいったい何者か? 

など、帝国憲法にまつわる秘話を解説。

 

続く第二章は、帝国議会の〝手強さ〟に手を焼く伊藤が打った対抗策と、その議会が紛糾・空転し続けていたにもかかわらず日清開戦に踏み切った謎に関する再検討です。

 

最後の第三章では、日清戦争で日本が勝利したことにより引き起こされた朝鮮、清国の改革運動、さらに下関条約の結果植民地統治することになった台湾について考察します。

 

大日本帝国はなぜ〝眠れる獅子〟に勝利できたのか?

極東の小さな国ニッポンが、もがき苦しみながら世界の表舞台に躍り出た明治中~後期を、痛快な〝井沢史観〟で切り取る、歴史ファン待望の一冊です。

 

逆説の日本史

『逆説の日本史24

明治躍進編 帝国憲法と日清開戦の謎』

著/井沢元彦

 

★こちらもオススメ!

逆説シリーズ著者が「日本史の極意」を初公開!『日本史真髄』

500万部超の大ベストセラー『逆説の日本史』が〝大人の学習漫画〟になって新登場!

日本人の「わ」の精神のルーツはここにあった!小学館文庫『逆説の日本史1 古代黎明編』

〝逆説の日本史〟で書ききれなかった「ニッポンの真実」『逆説の日本史 別巻1 ニッポン風土記[西日本編]』

新たなライフワーク、待望の第2弾!! 井沢元彦著『逆説の世界史 ② 一神教のタブーと民族差別』

関連リンク