お知らせ

2018.12.19

日本人は「アリ」ではなく「キリギリス」だった!?『お金の整理学』

日本人は「アリ」ではなく「キリギリス」だった!?『お金の整理学』

230万部の大ベストセラー「思考の整理学」著者が説く、第2の人生のヒント!

日本が高度経済成長期にさしかかる昭和30年代の終わり頃、日本人を指して「エコノミック・アニマル」という呼び名が生まれました。

けれども、本当に日本人はエコノミック・アニマルなのでしょうか?

230万部の超ロングセラー「思考の整理学」著者で、95歳にして現役で「株投資」を続けている外山滋比古氏は、「お金のことを真剣に考えない日本人はエコノミック・アニマルに当たらない。アリとキリギリスの寓話でいうとキリギリスばかりだ」といいます。

 

‹‹とりわけ問題なのは、日本のサラリーマンの多くが、自分たちのことをむしろ<アリ>だと思って生きてきたことだろう。冬を乗り越えるためにコツコツと働く<アリ>がたくさんいる社会だから、欧米から<エコノミック・アニマル>と呼ばれるのだと勘違いしていたのだ。

私は、それが大きな誤解だと考えている。むしろ日本人の多くは、「定年後」という冬の時代の厳しさを真面目に考えず、なんとなく働き続ける<キリギリス>になってしまっていたのではないだろうか。››

 

人生長くても80年と思われていた時代から、人生100年時代になり、「退職金と年金で悠悠自適にやっていこう」などという考えは、幻想に変わりました。

このまま<キリギリス>型の生き方を続けていたら、間違いなく老後破たんが待っています。

著者は、社会保障に頼り切る、社会にとってマイナスな存在から、経済的にも、精神的にも自立したプラスの存在を目指すべきだと提言

 

‹‹ずいぶん前のことだが、「思考の整理学」という本で、常に受け身で誰かに引っ張ってもらう<グライダー>型の人間ではなく、思考力というエンジンを備え、自力で飛ぶことのできる<飛行機>型の人間になるべきだと書いた。

サラリーマンは、会社から仕事を与えられるという意味では、どうしても<グライダー>型になりがちだ。

定年退職までは会社に引っ張ってもらえるから、それでもなんとか生きていられるかもしれないが、定年後はそうはいかない。自分の頭で考える<飛行機>型にならなくてはいけない。

いま必要なのは、定年後のお金の備えを社会保障に期待することではなく、一人ひとりが主体的に老後の人生設計に取り組むことではないか。

定年後のことを考えるといっても、「将来、年金が減らされるかもしれない」という不安から、節約して貯金を増やそうとするのは違っていると思う。ある程度の蓄えは必要かもしれないが、それではサラリーマン時代の惰性で老後を過ごそうとしていることに変わりはない。結局は、貯金と年金で老後を乗り切ろうという考え方である。

そういう人生は面白くない。››

 

人生を最後の最後まで面白がろう!

年金、貯蓄、相続、仕事、副業、趣味、そして投資――「第2の人生」を楽しく生きるためのヒントがこの一冊にあります。

 

小学館新書

『お金の整理学』

著/外山滋比古

 

★こちらもオススメ!

法律スレスレの裏ワザで老後破綻を回避。元国税調査官が教える『やってはいけない老後対策』

「今のような学校教育はいらない」。落合陽一による話題のゼロヒャク教科書!『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書』

パックンが指摘する日本と日本人の不思議なところ『「日本バイアス」を外せ!世界一幸せな国になるための緊急提案15』

人生の節目を読む力が身につく!人気漫画家ヤマザキマリが本音で語る『仕事にしばられない生き方』

今この国に必要なのは「老人学」の再教育!曽野綾子が説く『人生の退き際』の美学とは?

関連リンク