お知らせ

2018.10.13

築地市場から密漁団まで、決死の潜入ルポ!『サカナとヤクザ 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』

築地市場から密漁団まで、決死の潜入ルポ!『サカナとヤクザ 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』

「高級魚(サカナ)を食べると暴力団(ヤクザ)が儲かる」食品業界最大のタブーを暴く!

「ヤクザと原発 福島第一潜入記」「潜入ルポ ヤクザの修羅場」など、暴力団に関する潜入ルポで知られる著者が次なるテーマに選んだのは・・・・・・〝ヤクザとサカナ〟!!

 

とはいえ、このテーマ自体は決して目新しいものではない。

かねてから、暴力団(ヤクザ)が高級魚(サカナ)の密漁を行っていることは、周知の事実だ。

つい先日も、北海道で暴力団員が密漁したナマコ46トンを1億7700万円(相場の2割安)で買い受けたとして、道公安委員会が暴力団排除推進条例に基づき、水産加工業の男性に取引の中止を勧告したというニュースが流れた。

 

本書の魅力は、「ヤクザが密漁してますよ」という表面的なところにあるのではなく、その「密漁ビジネスの実態」を、微に入り細をうがって調べ上げた点にある。

 

‹‹密漁を求めて全国を、時に海外を回り、結果、2013年から丸5年取材することになってしまった。公然の秘密とされながら、これまでその詳細が報道されたことはほとんどなく、取材はまるでアドベンチャー・ツアーだった。

ライター仕事の醍醐味は人外魔境に突っ込み、目の前に広がる光景を切り取ってくることにある。そんな場所が生活のごく身近に、ほぼ手つかずの状態で残っていたのだ。加えて我々は毎日、そこから送られてくる海の幸を食べて暮らしている。暴力団はマスコミがいうほど闇ではないが、暴力団と我々の懸隔を架橋するものが海産物だとは思わなかった。

ようこそ、21世紀の日本に残る最後の秘境へ――。››(「はじめに」より)

 

漁師出身のヤクザ、漁協を牛耳る暴力団、暴力団直径の密漁団、密漁品と知りながら買い取る漁業協同組合関係者、密漁者と加工業者をつなぐ〝買い屋〟・・・・・・。

サカナの世界にうごめく悪党たちの懐に入り込んでいく手法は、ヤクザ社会に精通した著者にしかできないものだ。

 

本書の内容は〝サカナとヤクザ〟にとどまらない。

暴力団と市場の蜜月、北方領土問題、国際密輸シンジケートまで、「日本漁業・暗黒の歴史書」でもある。

それだけ、日本の漁業が不正の上に成り立ってきた証拠だ。

そして、「今儲かればそれでいい」「獲れるだけ獲ってやろう」という発想は、資源の枯渇へとつながっている。

他人事ではないのだ。

 

‹‹日本の漁業を知れば知るほど、密漁など大した問題ではないと思えてくる。実際、ジャーナリスティックに告発したいのではない。だが、食の問題は我々の生きる根幹だ。不正がここまで常態化しているのに、漁業をコントロールすることなど出来はしないだろう。››(「おわりに」より)

 

アワビ、ウナギ、ウニ、カニ、サケ、ナマコ・・・・・・私たちは知らないうちに密漁品を食べ、反社に協力しているのかもしれない。

日本の食品業界、最大のタブーを暴く決死の潜入ルポ!!

 

『サカナとヤクザ

暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』

著/鈴木智彦

 

★こちらもオススメ!

快楽殺人者の素顔は・・・好青年!? 戦慄の犯罪ノンフィクション!『全員死刑』

将来、日本で『魚が食べられなくなる日』も近い!? 日本の漁業が抱える大問題とは?

リクルート、イトマン、東京佐川・・・重大事件の裏に存在した陰の情報フィクサーとは何者か? 『黒幕』

現役都議が都議会、都議、都庁幹部の闇を暴露!『東京都庁の深層』

真面目な介護福祉士が風俗嬢に落ちるまで。『絶望の超高齢社会 介護業界の生き地獄』

関連リンク