お知らせ

2018.1.17

佐藤正午、直木賞受賞後初の長編文庫化!『鳩の撃退法 [上][下]』

キーワード: 小説 直木賞 山田風太郎賞

佐藤正午、直木賞受賞後初の長編文庫化!『鳩の撃退法 [上][下]』

第6回山田風太郎賞! 小説名人による名作中の名作!

夢枕獏さん、京極夏彦さん、奥泉光さん、筒井康隆さんら選考委員はもちろんのこと、推薦文や書評、口コミやSNS等を通じて、驚くほど多くの作家たちから圧倒的な評価を受けた、第6回山田風太郎賞受賞作!

山田風太郎賞の受賞からおよそ2年後、著者は「月の満ち欠け」で第157回直木賞を受賞しましたが、関係者のあいだでは本作が直木賞でも――といった声も出ていたといいます。

直木賞受賞後の会見で、著者は「勝手な想像ですが」と前置きした上で、「『鳩の撃退法』の存在がなければ、今回の直木賞受賞は考えられない。あれで機運が熟したのではないか」と語りました。

連載に3年を要した本作は、著者本人も「墓碑銘にしたい」「思い残すことはないくらい、本当に集中して書いた」という、まさに渾身の作品です。

 

かつて直木賞も受賞した作家・津田伸一は、とある地方都市で送迎ドライバーをして糊口をしのいでいた。

以前から親しくしていた古書店の老人の訃報が届き、形見の鞄を受け取ったところ、中には数冊の絵本と古本のピーターパン、それに三千枚を超える一万円札が詰め込まれていた。

ところが、行きつけの理髪店で使った最初の一枚が偽札であったことが判明。

勤務先の社長によれば、偽札の出所を追っているのは警察ばかりでなく、一年前の雪の夜に家族三人が失踪した事件をはじめ、街で起きる騒ぎに必ず関わる裏社会の〝あのひと〟も目を光らせているという。

白黒つけたい誘惑に勝てず、津田伸一は駅の券売機に紙幣を滑り込ませてみるが・・・・・・。

 

こんな小説アリなのか!

読み進めると、謎が深まる。読み返せば、伏線がわかってくる!

上巻だけでは、この小説のおもしろさは半分も伝わりません!

急展開も待ち受ける下巻の最後の1行まで、ぜひ「鳩」の行方を見届けてください。読み返すほど、おもしろいはずです。

小説表現の臨界点を超えた、まさに先が読めない展開――かつてない読書体験を約束します。

存分にお愉しみください!!

 

「佐藤正午さん、最高です」――「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰・糸井重里

下巻は、「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰・糸井重里さんの解説を収録!

「ほぼ日刊イトイ新聞 - 小説を書くということ。」佐藤正午+糸井重里 対談
佐藤正午『鳩の撃退法』特設サイト

 

 

小学館文庫

『鳩の撃退法 [上]』

『鳩の撃退法 [下]』

著/佐藤正午 

 

★こちらもオススメ!

みずみずしい感性が光る永遠の恋愛小説集!『夏の情婦』

小説界のカリスマ、佐藤正午。不朽不滅のデビュー作!『永遠の1/2』

衝撃の結末が加わった傑作長編小説の完全版!『アンダーリポート/ブルー』

小説巧者に訊く前代未聞のインタビュー読本!『書くインタビュー [1]』

完全保存版「佐藤正午読本」!『正午派』

関連リンク