お知らせ

2017.10.17

14歳誕生日に作家デビュー!文学界に驚異のスーパー中学生現る!! 鈴木るりか『さよなら、田中さん』 新しい才能を感じてください!!!

14歳誕生日に作家デビュー!文学界に驚異のスーパー中学生現る!! 鈴木るりか『さよなら、田中さん』 新しい才能を感じてください!!!

2017年10月17日、ちっちゃな新人作家が大型デビュー! その名は、鈴木るりか。2003(平成15)年生まれの、現在中学2年生。

 

 小学4年・5年・6年生の時、小学館が主催する「12歳の文学賞」に、史上初3年連続で大賞を受賞。その際に、あさのあつこ氏「鳥肌が立つような才能」、石田衣良氏「是非書き続けてもらいたい」、西原理恵子「本当にお見事」と先輩大先生方から大絶賛を受けました。

 そして、さらにすごいのはその先です。これらの受賞作品を改稿したのに加え、さらに新たな書き下ろし作品が。その進化がめざましく、それぞれの短編でも読み応えのある佳作に仕上がっているだけでなく、それが素敵な連作小説集になっていたのです。

 

 今までにないみずみずしい目線と鮮やかな感性で綴られた全5編の文章には、新鮮な驚きが。14歳の誕生日にあわせ、待望のデビュー作『さよなら、田中さん』発売。この新しい才能を感じてください。

 

 ちなみに、るりかさんが小説を書くようになったきっかけは…

「12歳の文学賞」の賞品の図書カードで、少女まんが誌『ちゃお』を一生分買いたかったから、だそうですよ。

 

 

花実は12歳。貧しい母子家庭だが、たくましい母親と笑顔の絶えない毎日を送っている。そんな母娘を中心に、身辺に起こる何気ない(でも小学生にとっては大変な!?)事件の数々を、表題作を含む連作短編5編で綴る。笑いと、時にホロッと泣かされる、明るく切ない人間ドラマ。

 

さよなら、田中さん

 鈴木るりか・著

定価:本体1,200円+税

2017年10月17日発売

 

以下のサイトから、表題作「さよなら、田中さん」を試し読みできます

本書・特設サイトはこちら

本書・紹介ページはこちら