さよなら、田中さん

さよなら、田中さん
ためし読み
定価
本体1200円+税
発売日
判型/頁
4-6/258
ISBN
9784093864848

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2017/11/10
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
14歳スーパー中学生作家、待望のデビュー
 田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るいお母さんと、毎日大笑い、大食らいで過ごしている。そんな花実とお母さんを中心とした日常の大事件やささいな出来事を、時に可笑しく、時にはホロッと泣かせる筆致で描ききる。今までにないみずみずしい目線と鮮やかな感性で綴られた文章には、新鮮な驚きが。
 友人とお父さんのほろ苦い交流を描く「いつかどこかで」、
お母さんの再婚劇に奔走する花実の姿が切ない「花も実もある」、
小学4年生時の初受賞作を大幅改稿した「Dランドは遠い」、
田中母娘らしい七五三の思い出を綴った「銀杏拾い」、
中学受験と、そこにまつわる現代の毒親を子供の目線でみずみずしく描ききった「さよなら、田中さん」。
全5編収録。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
 この秋、出版界の話題をさらう新人作家がデビューします。その名は、鈴木るりか。平成15年生まれの中学二年生。小学館が主催する「12歳の文学賞」史上初3年連続大賞受賞。その際、あさのあつこ氏、石田衣良氏、西原理恵子氏ら先生方から大絶賛を受けましたが、すごいのはその先です。受賞作をもとに、連作短編集に仕上げるため書き下ろし原稿を依頼したのですが、その進化がめざましく、3編の素晴らしい原稿が上がって来ました。
 著者14歳の誕生日に、待望のデビュー作を刊行します。
 是非、この新しい才能を感じてください。
〈 目次をみる 〉
目次

いつかどこかで・・・・・・・・・・5
花も実もある・・・・・・・・・・・58
Dランドは遠い・・・・・・・・・152
銀杏拾い・・・・・・・・・・・・・163
さよなら、田中さん・・・・・・182
〈 電子版情報 〉
さよなら、田中さん
Jp-e : 093864840000d0000000
14歳スーパー中学生作家、待望のデビュー。

 田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るいお母さんと、毎日大笑い、大食らいで過ごしている。そんな花実とお母さんを中心とした日常の大事件やささいな出来事を、時に可笑しく、時にはホロッと泣かせる筆致で描ききる。今までにないみずみずしい目線と鮮やかな感性で綴られた文章には、新鮮な驚きが。
 友人とお父さんのほろ苦い交流を描く「いつかどこかで」、
お母さんの再婚劇に奔走する花実の姿が切ない「花も実もある」、
小学4年生時の初受賞作を大幅改稿した「Dランドは遠い」、
田中母娘らしい七五三の思い出を綴った「銀杏拾い」、
中学受験と、そこにまつわる現代の毒親を子供の目線でみずみずしく描ききった「さよなら、田中さん」。
全5編収録(2017年10月発表作品)。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

まず、この本を中学生が書いたことにとても驚きました。この本の主人公はきっと自分より辛い環境だけどお母さんなど周りに支えてくれる人がいるだけで毎日は変わろと思いましまた(10代 女性) 2020.8.5

とても面白かったです!(10代 女性) 2020.6.19

中学生作家と書いてあり、気になったので購入しました。(10代 男性) 2020.5.23

登場人物一人一人の人間性が豊かで、読むほど引き込まれて、心がほっこりしました。(40代 男性) 2020.4.18

小学生や中学生が書いたものとは思えない面白さだった。(40代 女性) 2020.4.9

中学生とは思えない文章力で感動しました。とても面白かったです。(10代 女性) 2020.3.25

バイトの帰り道、小学校を卒業してからはほとんど本なんて読んでいなかったのに、ふと、不思議に本が読みたくなり近所の本屋に寄りました。様々な本が並ぶ中、ぱっと惹かれるものがなく何往復も本棚を見てまわっては「う〜ん、、」と残念な気持ちが膨らみます、、。諦めて帰ろうとした時、今までなぜ気付かなかったのか謎でしたが、「中学生作家、注目のデビュー作!!」という文字が目に飛び込んできました。え!?そんな訳ないと見間違いだともう一度読み直しましたが明らかに「中学生作家」と書いてあります。私は今年成人式を迎え、やっと大人の仲間入りをしたところですが、まだまだ中身も見た目も子供です。そんな私よりもっともっと年下の子、中学生が本を出している。しかも小学校の頃好きだった作家さん「あさのあつこさん」をも感動させた作品を書いている。こんなにも読みたい、読んでみたい!と思った事はなかったです。 少し中を覗いてみると、母子家庭の女の子の話しらしく、ちょうど最近出会った友達が小さい頃に父親を亡くしているという話を聞いたばかりだったのでその子の気持ちを理解することが少しはできるかも、とそんなことも思いながら買うことにしました。 もう内容は本当に素晴らしく、電車の中では音楽を聴くかケータイを触るかしかしなかったのにこの本を読みたく、移動時間はずっと本を読んでいました。ユーモアも、感動もありで、まさに「笑いと涙あり!」な作品でした。 中学生に少し大人にさせてもらえた気がしました。(笑) 出会えて、読むことができて本当に良かったです。 鈴木るりかさん、ありがとうございます。また他の作品も読めるのを楽しみにしてます。「14歳、明日の時間割」も明日買う予定です。笑 これからも頑張ってください!応援しています!!!(20代 女性) 2020.2.14

子どもが書く文章に興味があります。 凄い才能だなと感心します。 甥っ子や姪っ子が多いため、みんなに読んでほしいと思います。 とにかく本に触れてほしいと思います。  因みに…『神さまは小学5年生』も購入し、皆で読んでいます。 子どもの才能って凄いです。 子どもたちのいろいろな才能を国がかりで応援、伸ばしてあげてほしいです。(50代 女性) 2020.1.15

もし死にたいくらい 悲しいことがあったら、とりあえすメシを食え  に心が動いて読みたい!と。(50代 女性) 2019.12.13

主人公の田中花実さんのたくましさや、やさしさ、強さなどから、いつも希望を持って生きることの大切さを感じました。(10代 女性) 2019.11.21

あなたにオススメ!

  • 14歳、明日の時間割
  • 北京のこども
  • 太陽はひとりぼっち
  • 君はレフティ
  • さくら×ドロップ レシピ1:…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031